タグ別アーカイブ: 福祉車両

最近の福祉車両整備をご紹介いたします。

おかげさまでたくさんの施設様から福祉車両整備のご依頼をちょうだいします。
最近では常に何らかの形で福祉車両が入庫しているというのが相馬自動車商工の日常になりました。
今回はそんな日常をちょっとご紹介させていただきます。

E25キャラバンの車いす移動車の整備です。
時々車いすリフトが動かなくなる。というやっかいな故障です。
キャラバンの場合リフトの昇降とスライドをモーターで行っています。
ハイエースに比べると機構は若干複雑です。

”時々”というのがポイントで、現象確認ができないとなかなか故障個所を見つけるのがたいへんです。
今回も配線、テープスイッチその他ウイークポイントになりそうなところは一通り点検したのですが
残念ながら故障現象は再発してくれません。
ただ、整備の副産物と言っては何ですが傷んだローラーを4つ新品交換させていただきました。
言わずもがな、リフトに装着されているのが交換したての新品。地面に横たわっているのが取り外したローラーです。
材質は金属のベアリングにプラスチックの被膜をかぶせたような作りになっているので耐久性はそれなりです。
日々利用者様の送迎に使っているリフト車なら車検ごとの点検交換をおすすめします。
というわけで今回の整備はここまでとさせていただきましたが、14万キロという走行距離を考えると
配線交換をおすすめしても良かったかもしれません。
”故障するかもしれない”というご心配を限りなくゼロに近づけてさしあげるのも当社の仕事ですから。


つづいてこちらもE25キャラバンの修理の模様です。
こちらの故障は”車いす固定装置が外れない”というもの。
施設職員様はたいへん焦ったと思います。
利用者様をだき抱えておりていただいた。とのことでした。
この場合はもちろん固定された車いすごとご入庫。原因はすぐわかりました。

これがキャラバンの固定装置の中身です。
スイッチを操作するとまん中のシャフトがぐるぐると回って
固定ベルトを巻き上げます。
そしてベルトの留め具?がシャフト先端のリミットスイッチに当たると固定が完了します。
今回異物の噛み込みによりリミットスイッチが解除されなくなっていました。


↓本来こういう状態なわけなのですが

↓この留め具というのかベルトを折り返して固定している部品のボルトとカラーがなくなっていました。
異物をかみこませたまま作動をくりかえしていたことが原因でしょうか。

写真を撮っておけばよかったのですが、この固定装置内はそうとう汚れていたみたいです。
きれいに清掃してなくなっていたボルトとカラーを交換して作業終了としました。
また、前側の固定装置も点検させていただきました。


こちらはハイエース。ささくれた車いす固定用のワイヤーを交換しております。

車いす固定装置に限らずワイヤーはほつれ始めるとたちまち限界をむかえます。
今回は施設の職員様が気づいて当社に固定装置のワイヤー交換のお問い合わせをいただきました。

↑こんな感じで巻き取りゼンマイを外して


↑ささくれたワイヤーを取り出して

先端にフックが付いた新品に交換します。

実はこの辺の作業は当社メカニックは慣れたもの。
しかも当社では200系ハイエースの車いすリフトのこういった消耗部品は常時在庫しております。
今回も部品待ちを発生させることなく一日で作業完了。
最後に人が乘った車いすを実際に固定して作動確認。作動に問題ないことを確認の上ご納車させていただきました。

相馬自動車商工では施設様個人様のご要望におこたえするため、車いすリフト車3台。軽スロープ車2台。ウエルカムシート車1台。合計5台の福祉車両代車をご用意しております。
車いすリフト、スロープ、固定装置などの作動がおかしい時は放置せずにぜひご相談くださいませ。
迅速なご対応をお約束いたします。

 

トイレ改修工事完了しました。

いつもさわやかな相馬自動車商工ですが(笑)
残念なことにトイレだけは昭和臭がただよう異空間でした。
が、突然思い立って女子トイレの改修工事を進めることと相成りましたのでご報告いたします。
こういうレポ―トはビフォーアフターの画像を掲載するのがセオリー。
もちろんビフォーの画像は撮影してあります。
別に見たくないという人もいらっしゃるでしょうが一応掲載させていただきます。
こちらがビフォー。

改修工事が済んだ今となってはすでに懐かしい(笑)
これでも音姫(知ってる?)を設置したり、いろいろ頑張っていたのですがね。
あ、毎朝始業前のトイレ掃除も欠かしませんでしたよ。
でも和式トイレを使えない子供もいるという昨今ではさすがに限界かと。
というわけで思い切りましたよ。
↓思い切ってこうなりました。

ビフォーとアフターの中間の写真がこれ。
もはや後戻りできません。

専門じゃないのでよくわかりませんが、上の写真のがれきを片付けて地ならし?を進めます。

↓たぶん東日本大震災ではがれ落ちたタイルも補修。
ていうかこれが下地になって新しい壁ができるわけです。


↑新しい壁。と床。既存のタイルの上からケイカル板という板を張り付けたので
ビフォーよりも1センチ四方ずつトイレは狭くなりました。

↓アフター。トイレ改修工事が完成いたしました。
現代トイレの定番。温水暖房便座付きです。
そこかしこに歴史と伝統が感じられる相馬自動車商工ですが
別な意味でここだけ別世界の快適さをかもしだしております。
もちろん音姫は健在です(笑)。


なお、女子トイレの出入り口ドアもつくりかえていただきました。

別世界への入り口にふさわしい特別あつらえの一品です。
・・・・・・手前に写っている昭和臭ただよう男子トイレとの格差がえぐいですが、
そこはそれ。見逃してやっていただきたい!

またひとつ日本から和式トイレの火を消してしまったことを申し訳なく思っておりますが
お客様の安心快適には代えられません。
ご来店の際にはどうぞ気持ちよくご利用いただければ幸いです。

愛のダイハツ夏フェア開催のお知らせ。

ダイハツの夏、相馬自動車商工の夏。
というわけで、夏を先取り!なイベントのお知らせです。題して”愛のダイハツ夏フェア”

今年の夏もお買い得車種をどどーんとご用意してお客様のご来店をお待ちしております。
タント、タントカスタム、そしてロッキーご成約のお客様に10万円分の用品をどどーんとプレゼント。

さらに、車種グレード限定ではありますが、
最大191,856円お買い得な限定車ラインナップもご用意。
この、切れの悪い数字が逆にダイハツの本気を感じませんか?

ご来場のお客様を手ぶらでは帰しません。
今回フェアではアイラップとコラボした、その名も”愛ラップ”をプレゼント。
ないしょですけど、車なんか買わなくても差し上げますからね。
タント、トール、コペンの試乗車をはじめ豊富なラインナップの展示車や、相馬自動車商工ならではの
福祉車両の試乗車もご用意してご来店をお待ちしております。
フェア開催は6月5日(土)〜6月11(金)まで。(12日13日はお休みです)
6日の日曜日にはスマアシスマパノ体感会も開催いたします。
マスク着用の上ご来場をお待ちしております。

中学生が職場体験に来てくれました。

地元の那須塩原市立黒磯中学校の中学生ふたりが職場体験に来てくれました。
那須塩原市ではマイチャレンジと称して中学生の職場体験学習を行ってます。
本来は中学2年生がマイチャレンジを行うのが通例なのですが、最近ではコロナの影響もあり、
学校行事もスケジュール通りにいかないみたいです。
去年のマイチャレンジが延び延びになってしまって、この4月に黒磯中学校の3年生ふたりが
相馬自動車商工での仕事を体験に来てくれました。


社用車の洗車やら、タイヤ交換、空気圧調整の手伝いやら、
重整備の見学やら、展示車の清掃やら
将来何の仕事に就くかはわかりませんが、このマイチャレンジがふたりの進路選びの一助になれば
うれしいですよ。

せっかく福祉車両専門店の相馬自動車商工に来てくれたんだから
ということで、ふたりで福祉車両を体験していただきました。

当社のハイゼットスローパーを使っての体験です。
ちゃんとバックドアを開けてスロープを引き出すところからやっていただきました。
ウインチベルトを車いすにかけ、リモコンを操作しながら車いすを押し
固定装置を使ってしっかりと車いすを固定し、シートベルトを利用者様の体の一番近い場所を
通してかける。
そして実際に車いすに乗ったまま、、もう一人は介添え用のシートに座って試乗に出発です。
車いすには乗ったことがあっても、車いす移動車での移動、また、車いす移動車に利用者様を
乗せる体験は初めてだったみたいです。
”これ、長時間はきついっすねー”
”かなりガタガタきますねー”
・・・・・・正直で、よろしい!
介添えする人の気持ちや利用者様の気持ちが少しでもわかっていただけたらやったかいがあったというものです。

二日間という短い期間ではありましたけど何か感じることはありましたでしょうか?
最後に私からひとこと言わせてください。

”自動車整備士はおもしろいよ!”

 

最近お買い上げいただいた福祉車両をまとめてご紹介。

最近お買い上げいただいたおクルマの中で福祉車両だけをピックアップしてご紹介いたします。
おかげさまで施設様からたくさんのお問い合わせをちょうだいしております。
今回ご紹介する福祉車両はすべて今年になってオーダーいただいたおクルマです。
ではいってみましょう。

年明けそうそうにご注文をいただいたハイエースの車いす移動車。
3月の末ギリギリになってようやくご納車の運びとなりました。

この施設の施設長様がこだわったのがこのルーフサイドウインドウ。
屋根の高い位置が窓になっており開放感がたっぷりです。
乘ってみるとわかるのですが、車いすの利用者様は実はけっこう閉鎖空間気味なところに
乘っていただくことになります。
お世辞にも快適とはいいがたい車いすの上での移動は、まあ快適と言えるか微妙です。
利用者様に少しでも開放感を味わっていただこうとのご配慮からこの施設様はルーフサイドウインドウを
必須装備としてリクエストされました。


車自体は使い慣れた200系ハイエースですが、トヨタの良心セーフティセンスが装備されていたり
介護職員様が使いやすいように車いす用シートベルトと普通の乗車用シートベルトが色分けされていたりと
福祉車両の定番らしい地味だけどうれしい進化がされています。


ここから3台はすべて同じ施設様にまとめてお買い上げいただいた車両です。
はじめてお取引する施設様から3台まとめてのご注文。
正直震えましたね。そして、なんとしても最高の1台(いや3台)を探してやる!
と、ふだんぼーっとしている私にアドレナリンがみなぎりましたよ。
そして、中古車の海より3台。
自信をもっておススメできる車両が見つかりました。
まず、レジアスエース(要するにネッツで売ってたハイエース。中身は同一)
特徴は
ディーゼルであること
2WDであること
車いす2基積載できること
そして、スーパーロング、ワイドボディであること。
いわゆるスーパーロングBタイプ7人乗りというボディ形状です。


つづいて、こちら

ちなみに上の車両とは別のクルマですよ。
(ナンバーを加工したら写真を判別するのに苦労しました)

こちらもなぜかレジアスエースです。
標準ボディのBタイプ。車いす2基を含め10人乗車が可能。
施設様でいちばんよくつかわれているボディ形状です。
特徴は
ディーゼルであること。と4WDであることです。
2WDのリクエストをちょうだいしていたのですが、程度の良い2WDが見つからず。
代替案をご提案させていただきました。


そしてもう一台。


なぜかこれだけハイエースです。(まあ、レジアスエースも同じ車ですが)
もうお分かりですね。
このおクルマだけ車いす4基ご乗車可能なDタイプ。
もちろんスーパーロング、ワイドボディにしかこの設定はありません。

ディーゼル2WDです。
このDタイプこそほんとに見つけるのに苦労しましたよ。
でも、無事にお客様のリクエストにお応えできて、良かった。
数ある業者のなかからお声かけいただいて、ご購入いただいて、これからサービス関係でも
お付き合いいただける。
つくづくこの仕事をやっていて良かったと思える瞬間でした。
精いっぱいのアフターサービスにつとめますので、末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。


もう一台。
シエンタです。実は良い意味でいわくつきの一台です。



シエンタに限らずトヨタ福祉車両の真骨頂。この後ろ下がりを見よ。
いわゆるニールダウンという方式。リヤサスを縮めて極限の低さを実現。
スロープでの乗り降りを強力に手助けしてくれます。
いわくつきと最初に書きましたが、実はこの車、○○なんです。
・・・・・・実はこの車、相馬自動車商工の代車にする予定で仕入れた車なのです。
施設様からよく”シエンタの代車、無いの?”と名指しで聞かれるものですから。
軽い気持ちで”買っとくか”くらいのノリでオークションで仕入れたのですが。
良い意味で予想外。その”シエンタ無いの?”の施設様にお買い上げいただいちゃいました。
これで当面相馬自動車商工に、シエンタの代車はありません(笑)
(かわりにいろいろ福祉車両の代車を入れましたのでご勘弁を)
はっきり言ってこれを買われたお客様はかなりのお買い得だったのではないかと自負しております。
お買い上げありがとうございました。
いわくつきとか書きましたが、ごめんなさい(笑)。お役に立ててうれしいです。


以上、ばたばたと5台ご紹介させていただきました。
新車中古車問わず、もっと言えば福祉車両、一般車両問わずお探しのお車がございましたら
お声かけいただければありがたいです。
全力でお探しいたします。

リハビリデイサービス ハート&ベスト様のご紹介

このたび那須塩原市の黒磯文化会館の目の前にオープン予定のリハビリデイサービスハート&ベスト様の
内覧会にお邪魔してまいりましたのでご紹介させていただきます。

黒磯文化会館の向かい側。ハート&ベスト様はすっごくわかりやすい場所にあります。

歩行訓練、筋トレなどの機器が続々と設置予定のワンフロアのリハビリスペース。
開放感も日差しもたっぷり。

このハート&ベストを主宰する理学療法士貴田様のポリシーによる入浴施設。
”できることは自分でやっていただく”とのお考えで、お体の麻痺の部位に合わせて
2種類の入浴施設をご準備。

このトイレも貴田様のポリシーがつらぬかれております。
前と横に支えを配置して、リハビリ中の方が一人で使えるようなご配慮。

清潔感があり、なおかつくつろげるお食事スペース。

お花を飾っていただきました。
わたし個人的に”ハートフル”という言葉が好きです。

送迎用の福祉車両の準備も整いました。
利用者様スタッフ様ともに使いやすいおクルマです。



いろいろご説明いただいたのですが、やはりデイサービス+リハビリというところが
このハート&ベスト様の絶対の強みだと思いました。
単なる”送迎、お食事の提供、入浴”ではなく、自立するためのリハビリ特化型デイサービス施設です。
だからチラシ類に”お年寄り”とか”高齢者”という言葉はあまり出てきません。
お年寄りだけでなく、スポーツ事故や交通事故の後遺症の機能回復訓練に力強いサポートをしていただける
施設様だと思いました。
相馬自動車商工はリハビリデイサービスハート&ベスト様を応援してまいります。

ハート&ベスト様のホームページは↓
https://harvestnasu.sakura.ne.jp/wp/

 

ハイエース車いす移動車リフトモーター修理

ちょっと前の修理レポートですがご覧ください。

相馬自動車商工では割と見慣れた感があるハイエースの車いすリフト修理の光景ですが
今回はちょっとだけ毛色の変わった故障が舞い込んできました。
実はハイエースの車いす移動車の場合リフトが上下しないという故障はあまりありません。
あるとすればカールコードの付いたペンダントスイッチ部分の断線とかが多いです。
今回の故障はずばりリフトがスライドしないという故障です。
この故障は比較的多いです。でもたいていはリフトが傾きながらスライドするとか
異音がしながらスライドするとか、そういった故障が多いです。
でもこのおクルマの場合は完全にスライドしない。上がったまま中に引き込まれないという故障です。

例によってリフトを取り外し、リフトのスライドモーターそのものを取り外して単体で点検します。


わかる人にはわかる。
別にリフトモーターじゃなくてもモーターの仕組み上おこりうる故障ではないでしょうか。

見事にモーターのブラシが減ってます。
これだとモーターのコイルに電流を流すことができませんね。
終わってみれば一般のお車のパワーウインドウの故障とかと同じ修理なのですが
このモーターが故障すると現場での応急処置はなかなか難しいです。
相馬自動車商工ではハイエースとキャラバンの車いす移動車の代車をご用意して
不意の車いすリフトなどの故障に備えております。
緊急時はぜひお電話ください。

100系ハイエースの車いすリフト点検の模様です。

車いす移動車といえば現行の200系ハイエースというくらい普及が進んでいますが
実は平成16年以前のハイエース(100系)もまだまだ多くの施設様で現役稼働しております。
今回は100系ハイエースの車いすリフト点検の模様をアップします。
普段いじり慣れている200系ハイエースとは少し勝手が違うみたいですが、
そこは福祉車輛協会の技術講習をクリアしたメカニックです。
しっかりと揃っているマニュアルを片手にリフトを取り外しました。

取り外してしまえばやることはあまり変わりません。
定期交換部品ともいえるスライドローラーを交換しました。

スライドローラーのワレ、欠けがありましたので交換しました。

当社では分解、点検、組み付け後の車いすリフトを必ず
人の乗った車いすを使って最終確認しています。
リフトに負荷をかけた状態でリフトの上下とスライドの動きを確認し、
固定装置を作動させてみます。
この100系ハイエースは手動式の固定装置を採用しておりますので、固定用のレバーを押し下げて
実際に車いすを固定するためにワイヤーにテンションをかけてみます。
相馬自動車商工ではハイエースばかりではなく
福祉車輛全般のリフト、スロープ、固定装置の点検整備を承ります。
代車(リフト車2台、軽スロープ車2台)をご用意。
車だけお使いになりたいお客様にもご相談に応じます。
福祉車両レンタカーもあります。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

ひさびさ!サポカー体感会開催中。

約半月 ぶりの開催 です。

本日サポーター体感会を久しぶりに開催中。 体感車両は福祉車両のタントウェルカムシートです 。

65歳以上のお客様のサポカー補助金も始まっております 。サポカーなんぼのもんじゃいというお客様 、ぜひ当社でサポカー体感をしてみませんか?

本日5時まで感染対策をしっかり行って、 お店を開けてお待ちしております。

ハイエース車いすリフト修理の現実

相馬自動車商工は福祉車両整備に力を入れております。
たぶん車いす移動車として介護施設様などでいちばん多く使われているのが現行ハイエース
の車いす移動車です。
現行ハイエースの車いすリフトは上昇下降を油圧ポンプで行い、スライドを電動で行います。
メーカーさんの意向なのでしょうが、上昇下降とスライドの機構を分けてくれたのは、修理する側からすると正解。
故障現象確認、故障原因探求ともやりやすい。いわゆる整備性が良いということになるかと思います。
(もっとも、世の中の車いすリフト車はハイエースとキャラバンがほぼほぼなわけですが)


当社はハイエースのリフト取り外しは慣れたものでありまして、
ここまででで約20分。


プラットホーム(架台)を取り外してリフト側を見たところです。ローラーがご覧いただけるでしょうか。

ローラーを取りはずしました。



ローラーのまわりはプラスチックでおおわれているのですが、
作動をくりかえすうちにほぼ間違いなく割れます。

左 割れて外皮を失ったローラー
右 新品部品


ハイエースの場合
リフトスライド時の異音。
傾いて収納される。などの現象は、このスライドローラーが原因となっていることが多いです。
もうこのローラーは消耗部品だと思って車検または定期点検の時のリフト点検をおススメいたします。
リフト点検と同時に修理の場合工賃も割安に設定させていただいております。