タグ別アーカイブ: 福祉車両

ニッサンNV350キャラバン福祉タクシー作製

ニッサンNV350キャラバンの車いす移動車をお買い上げいただきました。
が、お話はここで終わりません。
日本福祉車両協会やふくしるのネットワークを総動員して中古でお探ししてきたこのおクルマ、
これからかなり専門的な追加装備をほどこして福祉タクシーとして生まれ変わります。
追加装備まえのお姿がこちら

ごくごく一般的なNV350の車いす移動車です。
が、買うと高額なストレッチャーがこのクルマには付属しています。
こういうところが中古車を選ぶメリットだったりしますし、今は何より納期の問題もありますので
いつ納車になるかわからない新車に対して”見て買える”中古車には大きなアドバンテージがありますよね。
で、ここからが本題。
このNV350に追加装備をほどこして福祉タクシーに生まれ変わらせるための改造が始まります。
お客様のオーダーはこちら
〇点滴フックの追加
〇酸素ボンベホルダーの追加
〇換気扇の追加
〇窓にカーテン追加。間仕切りにもカーテン追加。
もちろん車ですからこの状態で車検が通るようにしないといけません。
うーん。と悩んだ末に、こうなりました。


あまりに後付け感がないので迫力がないですが、まるで違和感なく取付できました。
ルーフに見えるのが点滴フック、換気扇
サイド(壁側)にカーテン、酸素ボンベホルダーです。

↓ルーフに突き出た煙突みたいなのが換気扇です。

そして、

ナンバーにモザイクかけさせていただきましたが、ナンバープレートは営業ナンバーを取得。
はれて福祉タクシー(事業用)となって生まれ変わりました。
運輸支局で持ち込み登録を行ったのですがすべての検査が終了し、あたらしい車検証が
できた時はほっとしましたね。
実はこの後サイドストライプを入れてより福祉タクシーらしく仕上げる予定です。
お買い上げありがとうございました。
このたびの福祉タクシー製作を通じてこちらも色々勉強させていただきました。
福祉車両でお困りのことがございましたらまずはご相談ください。
お客様のお役に立てるように全力を尽くします。

黒磯中学校の生徒さんが職場体験に来てくれました。

相馬自動車商工では今年も黒磯中学校の職場体験学習(マイチャレンジ)のお手伝いをさせていただきました。

車検整備を見学したり。

提携鈑金工場の東北自動車工業様にて鈑金塗装の見学をしたり。

展示試乗車の洗車をしてもらったり。


相馬自動車商工ならではの体験として毎年恒例の(と言っても2回目だが)
当社の代車を使って福祉車両の乗車体験をしていただきました。
前回は代車のハイゼットスローパーを利用しての体験でしたが、今回はハイエースの車いす移動車を使用。
生徒さんにはたたんである車いすを広げるところからやっていただきました。
車いすの押し方、固定装置の使い方、シートベルトのかけ方などなど
乗車するまでの手順、降りるまでの手順を社長みずからレクチャーしつつ、
リフトに乗って移動するとどんな乗り心地なのか、介添えさんはどんなところに気配りが必要なのか
などなどを体験していただきました。
福祉車両の乗車体験ができる整備工場、他にはなかなかないんじゃないかと自負してます。

ちょうど整備中だったハイエースのリフトを前に構造と修理箇所もレクチャーさせていただきましたよ。

がんばったごほうびにというわけでもないですが、試乗車のコペンを使って
オープンカーの試乗体験もしていただきました。

というわけで、2日間のマイチャレンジは無事終了。
私も楽しかったです。
言いたいことはただ一つ。
自動車整備士はいいよ。楽しいよ。
どうぞこちら側へ!

 

キャラバン車いす移動車のリフト修理

車いすリフトが収納されないという故障でご入庫のキャラバン車いす移動車の修理レポートです。

スライドの途中でストップしてしまった車いすリフト。
さぞかしあせったことと思います。
まずは緊急用のスイッチを押してリフトを格納します。
(緊急用のスイッチでリフトが格納できるということはリフトモーターは正常だということです)

忙しい施設様で休みなく働き続ける福祉車両。酷使される車いすリフト。
たまには故障しますって。
福祉車両整備ほ本格的に始まってから5年。
それなりのノウハウの蓄積も当社にはありますので疑わしい箇所から点検してみました。

原因はコレ↓

この型のキャラバンのウイークポイント。
挟み込み防止テープスイッチの誤作動。


ついでに。というわけはありませんがリフトフフラップのワイヤーを調整します。
リフトフラップはゆっくりと倒れてくるのが正常。
時々バタンっていくかんじで勢いよく倒れてくるフラップがありますが、これはワイヤーが伸びている証拠。
ついついフラップが倒れてくるのを待ちきれなくて足で倒しちゃう。
なんてことはあるあるなのですが、お車のためにもここは深呼吸しながら待っていただきたいです(笑)。

相馬自動車商工は福祉車両の整備販売に力を入れてまいります。
来月には代車として200系ハイエースの車いす移動車をもう一台増車予定。
ハイゼットとファンカーゴのスロープタイプの代車もあります。
福祉車両レンタカーも好評展開中。
福祉車両でお困りの際はぜひお声がけを。お待ちしております。

最近の福祉車両の整備をご紹介。

キャラバン福祉車両の車いす固定装置がたびたび動かなくなる。とのご依頼を受けての整備をレポートいたします。

持ち込まれたときこの車のドライバーさんは。ヒューズ切れでしよ?とおっしゃっておりました。

まぁヒューズ切れに間違いはないのですが、ヒューズが切れるのには原因があるわけで…。ヒューズ交換で、ハイ直りました!というわけにもいきません。

まして福祉車両の場合ご利用者様を乗せてるときに不具合発生ということになると介護や送迎のスタッフさんにも相当不安とご迷惑をかけることになります。

ということです今回はいわゆるやっつけ仕事ではなく、ヒューズ切れの根本原因を探ります。

 

サーキットテスタや配線図を片手に配線を追っていく地道な作業。

日本福祉車両協会認定工場の相馬自動車商工にはすぐにマニュアルを取り寄せる環境が整っています。

で、発見しました!

この型のキャラバンの場合配線がリフトの動きに沿って動く距離が長いような気がするんですよね。配線の経年劣化もあいまって、配線トラブルは結構目にします。

配線トラブルを事前に発見するのはなかなか大変です。ヒューズ切れイコールどこかで電気的トラブルがあるということです。

じっくり、そして一回で完治する修理を心がけてまいります。

福祉車両の整備でお困りのお客様、どうぞお気軽にお声掛けくださいませ。

福祉車両の代車もありますよ。

 

最近の福祉車両整備をご紹介いたします。

おかげさまでたくさんの施設様から福祉車両整備のご依頼をちょうだいします。
最近では常に何らかの形で福祉車両が入庫しているというのが相馬自動車商工の日常になりました。
今回はそんな日常をちょっとご紹介させていただきます。

E25キャラバンの車いす移動車の整備です。
時々車いすリフトが動かなくなる。というやっかいな故障です。
キャラバンの場合リフトの昇降とスライドをモーターで行っています。
ハイエースに比べると機構は若干複雑です。

”時々”というのがポイントで、現象確認ができないとなかなか故障個所を見つけるのがたいへんです。
今回も配線、テープスイッチその他ウイークポイントになりそうなところは一通り点検したのですが
残念ながら故障現象は再発してくれません。
ただ、整備の副産物と言っては何ですが傷んだローラーを4つ新品交換させていただきました。
言わずもがな、リフトに装着されているのが交換したての新品。地面に横たわっているのが取り外したローラーです。
材質は金属のベアリングにプラスチックの被膜をかぶせたような作りになっているので耐久性はそれなりです。
日々利用者様の送迎に使っているリフト車なら車検ごとの点検交換をおすすめします。
というわけで今回の整備はここまでとさせていただきましたが、14万キロという走行距離を考えると
配線交換をおすすめしても良かったかもしれません。
”故障するかもしれない”というご心配を限りなくゼロに近づけてさしあげるのも当社の仕事ですから。


つづいてこちらもE25キャラバンの修理の模様です。
こちらの故障は”車いす固定装置が外れない”というもの。
施設職員様はたいへん焦ったと思います。
利用者様をだき抱えておりていただいた。とのことでした。
この場合はもちろん固定された車いすごとご入庫。原因はすぐわかりました。

これがキャラバンの固定装置の中身です。
スイッチを操作するとまん中のシャフトがぐるぐると回って
固定ベルトを巻き上げます。
そしてベルトの留め具?がシャフト先端のリミットスイッチに当たると固定が完了します。
今回異物の噛み込みによりリミットスイッチが解除されなくなっていました。


↓本来こういう状態なわけなのですが

↓この留め具というのかベルトを折り返して固定している部品のボルトとカラーがなくなっていました。
異物をかみこませたまま作動をくりかえしていたことが原因でしょうか。

写真を撮っておけばよかったのですが、この固定装置内はそうとう汚れていたみたいです。
きれいに清掃してなくなっていたボルトとカラーを交換して作業終了としました。
また、前側の固定装置も点検させていただきました。


こちらはハイエース。ささくれた車いす固定用のワイヤーを交換しております。

車いす固定装置に限らずワイヤーはほつれ始めるとたちまち限界をむかえます。
今回は施設の職員様が気づいて当社に固定装置のワイヤー交換のお問い合わせをいただきました。

↑こんな感じで巻き取りゼンマイを外して


↑ささくれたワイヤーを取り出して

先端にフックが付いた新品に交換します。

実はこの辺の作業は当社メカニックは慣れたもの。
しかも当社では200系ハイエースの車いすリフトのこういった消耗部品は常時在庫しております。
今回も部品待ちを発生させることなく一日で作業完了。
最後に人が乘った車いすを実際に固定して作動確認。作動に問題ないことを確認の上ご納車させていただきました。

相馬自動車商工では施設様個人様のご要望におこたえするため、車いすリフト車3台。軽スロープ車2台。ウエルカムシート車1台。合計5台の福祉車両代車をご用意しております。
車いすリフト、スロープ、固定装置などの作動がおかしい時は放置せずにぜひご相談くださいませ。
迅速なご対応をお約束いたします。

 

トイレ改修工事完了しました。

いつもさわやかな相馬自動車商工ですが(笑)
残念なことにトイレだけは昭和臭がただよう異空間でした。
が、突然思い立って女子トイレの改修工事を進めることと相成りましたのでご報告いたします。
こういうレポ―トはビフォーアフターの画像を掲載するのがセオリー。
もちろんビフォーの画像は撮影してあります。
別に見たくないという人もいらっしゃるでしょうが一応掲載させていただきます。
こちらがビフォー。

改修工事が済んだ今となってはすでに懐かしい(笑)
これでも音姫(知ってる?)を設置したり、いろいろ頑張っていたのですがね。
あ、毎朝始業前のトイレ掃除も欠かしませんでしたよ。
でも和式トイレを使えない子供もいるという昨今ではさすがに限界かと。
というわけで思い切りましたよ。
↓思い切ってこうなりました。

ビフォーとアフターの中間の写真がこれ。
もはや後戻りできません。

専門じゃないのでよくわかりませんが、上の写真のがれきを片付けて地ならし?を進めます。

↓たぶん東日本大震災ではがれ落ちたタイルも補修。
ていうかこれが下地になって新しい壁ができるわけです。


↑新しい壁。と床。既存のタイルの上からケイカル板という板を張り付けたので
ビフォーよりも1センチ四方ずつトイレは狭くなりました。

↓アフター。トイレ改修工事が完成いたしました。
現代トイレの定番。温水暖房便座付きです。
そこかしこに歴史と伝統が感じられる相馬自動車商工ですが
別な意味でここだけ別世界の快適さをかもしだしております。
もちろん音姫は健在です(笑)。


なお、女子トイレの出入り口ドアもつくりかえていただきました。

別世界への入り口にふさわしい特別あつらえの一品です。
・・・・・・手前に写っている昭和臭ただよう男子トイレとの格差がえぐいですが、
そこはそれ。見逃してやっていただきたい!

またひとつ日本から和式トイレの火を消してしまったことを申し訳なく思っておりますが
お客様の安心快適には代えられません。
ご来店の際にはどうぞ気持ちよくご利用いただければ幸いです。

愛のダイハツ夏フェア開催のお知らせ。

ダイハツの夏、相馬自動車商工の夏。
というわけで、夏を先取り!なイベントのお知らせです。題して”愛のダイハツ夏フェア”

今年の夏もお買い得車種をどどーんとご用意してお客様のご来店をお待ちしております。
タント、タントカスタム、そしてロッキーご成約のお客様に10万円分の用品をどどーんとプレゼント。

さらに、車種グレード限定ではありますが、
最大191,856円お買い得な限定車ラインナップもご用意。
この、切れの悪い数字が逆にダイハツの本気を感じませんか?

ご来場のお客様を手ぶらでは帰しません。
今回フェアではアイラップとコラボした、その名も”愛ラップ”をプレゼント。
ないしょですけど、車なんか買わなくても差し上げますからね。
タント、トール、コペンの試乗車をはじめ豊富なラインナップの展示車や、相馬自動車商工ならではの
福祉車両の試乗車もご用意してご来店をお待ちしております。
フェア開催は6月5日(土)〜6月11(金)まで。(12日13日はお休みです)
6日の日曜日にはスマアシスマパノ体感会も開催いたします。
マスク着用の上ご来場をお待ちしております。

中学生が職場体験に来てくれました。

地元の那須塩原市立黒磯中学校の中学生ふたりが職場体験に来てくれました。
那須塩原市ではマイチャレンジと称して中学生の職場体験学習を行ってます。
本来は中学2年生がマイチャレンジを行うのが通例なのですが、最近ではコロナの影響もあり、
学校行事もスケジュール通りにいかないみたいです。
去年のマイチャレンジが延び延びになってしまって、この4月に黒磯中学校の3年生ふたりが
相馬自動車商工での仕事を体験に来てくれました。


社用車の洗車やら、タイヤ交換、空気圧調整の手伝いやら、
重整備の見学やら、展示車の清掃やら
将来何の仕事に就くかはわかりませんが、このマイチャレンジがふたりの進路選びの一助になれば
うれしいですよ。

せっかく福祉車両専門店の相馬自動車商工に来てくれたんだから
ということで、ふたりで福祉車両を体験していただきました。

当社のハイゼットスローパーを使っての体験です。
ちゃんとバックドアを開けてスロープを引き出すところからやっていただきました。
ウインチベルトを車いすにかけ、リモコンを操作しながら車いすを押し
固定装置を使ってしっかりと車いすを固定し、シートベルトを利用者様の体の一番近い場所を
通してかける。
そして実際に車いすに乗ったまま、、もう一人は介添え用のシートに座って試乗に出発です。
車いすには乗ったことがあっても、車いす移動車での移動、また、車いす移動車に利用者様を
乗せる体験は初めてだったみたいです。
”これ、長時間はきついっすねー”
”かなりガタガタきますねー”
・・・・・・正直で、よろしい!
介添えする人の気持ちや利用者様の気持ちが少しでもわかっていただけたらやったかいがあったというものです。

二日間という短い期間ではありましたけど何か感じることはありましたでしょうか?
最後に私からひとこと言わせてください。

”自動車整備士はおもしろいよ!”

 

最近お買い上げいただいた福祉車両をまとめてご紹介。

最近お買い上げいただいたおクルマの中で福祉車両だけをピックアップしてご紹介いたします。
おかげさまで施設様からたくさんのお問い合わせをちょうだいしております。
今回ご紹介する福祉車両はすべて今年になってオーダーいただいたおクルマです。
ではいってみましょう。

年明けそうそうにご注文をいただいたハイエースの車いす移動車。
3月の末ギリギリになってようやくご納車の運びとなりました。

この施設の施設長様がこだわったのがこのルーフサイドウインドウ。
屋根の高い位置が窓になっており開放感がたっぷりです。
乘ってみるとわかるのですが、車いすの利用者様は実はけっこう閉鎖空間気味なところに
乘っていただくことになります。
お世辞にも快適とはいいがたい車いすの上での移動は、まあ快適と言えるか微妙です。
利用者様に少しでも開放感を味わっていただこうとのご配慮からこの施設様はルーフサイドウインドウを
必須装備としてリクエストされました。


車自体は使い慣れた200系ハイエースですが、トヨタの良心セーフティセンスが装備されていたり
介護職員様が使いやすいように車いす用シートベルトと普通の乗車用シートベルトが色分けされていたりと
福祉車両の定番らしい地味だけどうれしい進化がされています。


ここから3台はすべて同じ施設様にまとめてお買い上げいただいた車両です。
はじめてお取引する施設様から3台まとめてのご注文。
正直震えましたね。そして、なんとしても最高の1台(いや3台)を探してやる!
と、ふだんぼーっとしている私にアドレナリンがみなぎりましたよ。
そして、中古車の海より3台。
自信をもっておススメできる車両が見つかりました。
まず、レジアスエース(要するにネッツで売ってたハイエース。中身は同一)
特徴は
ディーゼルであること
2WDであること
車いす2基積載できること
そして、スーパーロング、ワイドボディであること。
いわゆるスーパーロングBタイプ7人乗りというボディ形状です。


つづいて、こちら

ちなみに上の車両とは別のクルマですよ。
(ナンバーを加工したら写真を判別するのに苦労しました)

こちらもなぜかレジアスエースです。
標準ボディのBタイプ。車いす2基を含め10人乗車が可能。
施設様でいちばんよくつかわれているボディ形状です。
特徴は
ディーゼルであること。と4WDであることです。
2WDのリクエストをちょうだいしていたのですが、程度の良い2WDが見つからず。
代替案をご提案させていただきました。


そしてもう一台。


なぜかこれだけハイエースです。(まあ、レジアスエースも同じ車ですが)
もうお分かりですね。
このおクルマだけ車いす4基ご乗車可能なDタイプ。
もちろんスーパーロング、ワイドボディにしかこの設定はありません。

ディーゼル2WDです。
このDタイプこそほんとに見つけるのに苦労しましたよ。
でも、無事にお客様のリクエストにお応えできて、良かった。
数ある業者のなかからお声かけいただいて、ご購入いただいて、これからサービス関係でも
お付き合いいただける。
つくづくこの仕事をやっていて良かったと思える瞬間でした。
精いっぱいのアフターサービスにつとめますので、末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。


もう一台。
シエンタです。実は良い意味でいわくつきの一台です。



シエンタに限らずトヨタ福祉車両の真骨頂。この後ろ下がりを見よ。
いわゆるニールダウンという方式。リヤサスを縮めて極限の低さを実現。
スロープでの乗り降りを強力に手助けしてくれます。
いわくつきと最初に書きましたが、実はこの車、○○なんです。
・・・・・・実はこの車、相馬自動車商工の代車にする予定で仕入れた車なのです。
施設様からよく”シエンタの代車、無いの?”と名指しで聞かれるものですから。
軽い気持ちで”買っとくか”くらいのノリでオークションで仕入れたのですが。
良い意味で予想外。その”シエンタ無いの?”の施設様にお買い上げいただいちゃいました。
これで当面相馬自動車商工に、シエンタの代車はありません(笑)
(かわりにいろいろ福祉車両の代車を入れましたのでご勘弁を)
はっきり言ってこれを買われたお客様はかなりのお買い得だったのではないかと自負しております。
お買い上げありがとうございました。
いわくつきとか書きましたが、ごめんなさい(笑)。お役に立ててうれしいです。


以上、ばたばたと5台ご紹介させていただきました。
新車中古車問わず、もっと言えば福祉車両、一般車両問わずお探しのお車がございましたら
お声かけいただければありがたいです。
全力でお探しいたします。

リハビリデイサービス ハート&ベスト様のご紹介

このたび那須塩原市の黒磯文化会館の目の前にオープン予定のリハビリデイサービスハート&ベスト様の
内覧会にお邪魔してまいりましたのでご紹介させていただきます。

黒磯文化会館の向かい側。ハート&ベスト様はすっごくわかりやすい場所にあります。

歩行訓練、筋トレなどの機器が続々と設置予定のワンフロアのリハビリスペース。
開放感も日差しもたっぷり。

このハート&ベストを主宰する理学療法士貴田様のポリシーによる入浴施設。
”できることは自分でやっていただく”とのお考えで、お体の麻痺の部位に合わせて
2種類の入浴施設をご準備。

このトイレも貴田様のポリシーがつらぬかれております。
前と横に支えを配置して、リハビリ中の方が一人で使えるようなご配慮。

清潔感があり、なおかつくつろげるお食事スペース。

お花を飾っていただきました。
わたし個人的に”ハートフル”という言葉が好きです。

送迎用の福祉車両の準備も整いました。
利用者様スタッフ様ともに使いやすいおクルマです。



いろいろご説明いただいたのですが、やはりデイサービス+リハビリというところが
このハート&ベスト様の絶対の強みだと思いました。
単なる”送迎、お食事の提供、入浴”ではなく、自立するためのリハビリ特化型デイサービス施設です。
だからチラシ類に”お年寄り”とか”高齢者”という言葉はあまり出てきません。
お年寄りだけでなく、スポーツ事故や交通事故の後遺症の機能回復訓練に力強いサポートをしていただける
施設様だと思いました。
相馬自動車商工はリハビリデイサービスハート&ベスト様を応援してまいります。

ハート&ベスト様のホームページは↓
https://harvestnasu.sakura.ne.jp/wp/