タグ別アーカイブ: ダイハツ

当社レンタカーのハイゼットスローパーを大放出いたします。

福祉車両をお探しのお客様に朗報!
当社で福祉車両レンタカーとして活躍してくれていたハイゼットスローパーを大放出いたします。


ダイハツにはタントにもスロープ車がありますが、大きな違いはここです↓

実はこのハイゼットスローパーには折り畳み式のリヤシートが付いてます。
これがなかなかのミソでして、このシートを使えば介添えの方がここに乗って
3人プラス車いすの方1人の合計4人でのドライブも可能。
もちろんこのシートを畳めば広大な車いすスペースを有効利用していただけます。
最近増えてきたリクライニング式の車いすにも対応いたします。

LEDヘッドライト、スマートアシスト標準装備で運転者様の安全を守ります。


当社のレンタカーでしたので6か月ごとの定期点検は欠かさず行っておりました。
またご納車時にはウインチ、スロープ、固定装置など架装部分の点検もきちんと行って
ご納車させていただきます。
今新車で福祉車両を注文すると3-4か月待ちはあたりまえ。
使いたいときに使えないということにもなりかねません。
今回新型のハイゼットスローパーに入れ替えが決定いたしましたので
しあわせな一名様にお譲りいたします。
当社レンタカーとして現在も稼働中のため走行距離は伸びる場合があります。
_________________________________________
令和3年式ダイハツハイゼットスローパー4WDオートマ走行約10,000キロ
折り畳み式リヤシート、スマートアシスト、CDチューナー、電動式車いすウインチベルト
(リモコン式)ボディカラー:ファインミントメタリック
車検2年付消費税込み乗り出し価格:1,810,000円
(車両本体価格は消費税非課税となります)

 

ダイハツ元気フェアのご案内

こんにちわ相馬自動車商工です。
秋のダイハツ元気フェアのご案内です
新車のご納車が遅れに遅れてお客様にご迷惑をかけっぱなしで申し訳ありません。
ダイハツではありませんが一部メーカーの一部車種で受注ストップとか
納車1年待ちとかよろしくないニュースが流れてます。
けど、ダイハツの一部の車種(ミライースやムーヴ)などは比較的早くご納車できるものもありますよ。
また、まるで買う気はないけど参考までに見てみるか。っていう感じで全然オッケー。
いつかお車の買い替えを検討していただく時のご参考のためにで結構です。
どうぞ見に来てください。
と言いつつも9インチナビを装備したお買い得なロッキーなども
ご用意させていただきました。
こころゆくまで見て、乘って、どうぞ元気になってお帰りくださいませ。
ご来場のお客様に速乾&カラッと除菌 台所用食器洗い洗剤マジカをご用意。
ここでしかもらえない元気フェアバージョンです。
どぞ、マジカをゲットしてまずは食器洗いから元気になってください。


____________________________
ダイハツ元気フェア
令和4年9月10日より19日まで開催
(10.11.18.19日はお休みです)
展示予定車
ムーヴキャンバス、ハイゼットトラックジャンボ、ロッキーハイブリッド、タントウエルカムシートリフト、コペンGRスポーツ
ハイゼットトラックジャンボ以外はご試乗いただけます。

 

 

空調吹き出し口切り替えができない件。

空調吹き出し口切り替えができないとのことでご入庫のダイハツブーン。
マニュアルエアコン車の空調吹き出し口の切替えはこんな仕組みになってます。

空調切り替えダイヤルは画像の赤いケーブルと青いケーブルにつながってます。
内気外気の切り替えは赤いケーブル。吹き出し口は青いケーブル。
レバーを操作したり吹き出し口切り替えダイヤルを回すと
絶妙にとりまわされたケーブルがこのエアコンユニットのフラップを動かして吹き出し口を切り替えます。
オートエアコンでも基本的に仕組みは同じ。
この切り替えをサーボモーターで行っているだけです。
今回の修理のご依頼は、シンプルに”吹き出し口の切り替えがきかない”
というものでした。
お客様いわく”何か月も前にカップに入れたみそ汁をこぼした”とのこと。
状態としてはフラップにつながっている青いケーブルが外れているだけですので
これをはめ直して終了。
ではありません。

このカップホルダーに立てておいたみそ汁を何かの拍子にばしゃっとこぼして
矢印からダクトを通って

エアコンユニットの吹き出し口切り替え用のフラップまで到達していました。
で、みそ汁が乾いて固まるとこのフラップを固着させて

結果このケーブルが動かなくなります。
が、もちろん内部でそんなことが起きているとは知る由もないお客様は切り替えダイヤル
を動かします。
ダイヤルによって動かされたケーブルが固着したフラップを動かせるわけもなく
〇の部分から外れてしまいした。
ここまで分解すると〇部分でケーブルをはめ直してもすぐ外れちゃうのが理解できると思います。



たかがみそ汁。されどみそ汁。
事故(?)は一瞬だったのでしょうが原因を特定して修理するとなると、ここまでの分解が必要です。
いや、今回はこのまま固着した部分を清掃することで復旧できましたが
場合によってはエアコンガスや冷却水を抜いてエアコンユニットを外して清掃。とか
ひどいときはエアコンユニット交換。とか。
まあ、考えたくもないですが、実際ない話でもないです。
偉そうに記事を書いていますが、正直私も内部でこんなことが起きてるとは思ってませんでした。
今回の件は大変勉強になりました。
ところで、みそ汁はやばいよという話ではなくて、甘いもの、乾くとべたべたする飲み物
全般をこぼすと非常によろしくないそうです。
いつもお世話になっている栃木ダイハツのT氏は”水くらいなら・・・・・・”と言ってましたが。
どちらにせよ大量に内部にこぼすのはもってのほか。
お互いに気を付けましょう。

アトレーRS新古車大放出!

こういうのがほんとのお買い得。
当社で半年間展示試乗車として活躍してくれた
アトレーRSを大放出いたします。
このアトレーはいわゆる”新古車”なんですけど、新車で注文しても4か月くらいお待たせ
してしまうこのアトレーをすぐに手に入れるまたとないチャンスです。


グレードは最上級グレードのアトレーRS,しかも4WD当然CVT
ボディカラーは燃えるオレンジ”トニコオレンジ”。
両側パワースライドドアは予約ロック解除機構付。
ダイハツが持てる力を出し切った渾身の先進安全技術をフル搭載。
ダメ押しでACC(前車追従式クルーズコントロール)
とLKC(レーンキープコントロール)も標準装備。

フルフラット化が可能な荷室兼リヤシートはユーザー様の工夫次第で第三の居場所化することも
可能です。
私はこれを”道の駅車中泊仕様”と呼びたいです。

しかし、この豪華装備で軽バンですよ。4ナンバーですよ。
ダイハツさんどうかしちゃんたんじゃないの?ってくらい豪華な軽バンです。

ごらんのとおりナビ穴がブラックホール化されているのでこのままじゃいかん。
ということで、ナビ、ドラレコ前後、フロントドアバイザー、フロアカーペット
ナンバーフレーム、ETC、そしてスタッドレスホイールセットまで装備して
すぐ旅立てる仕様でご提供させていただきたいと思います。

気になるお値段は税込総額1,917,000円!
安い。安すぎます。マジで。
ちなみに同じ仕様を新車で手に入れるより約28万円も安い。
しかもこの記事を見て秒でお買い上げいただければ8月中のご納車も可能かと。
さあさあ、時間はお金じゃ買えません。
4か月待って約28万円高く新車を手に入れるか。
今すぐこのアトレーを手に入れてかけがえのない楽しい時をエンジョイするか。
決して損はさせませんとだけ申し上げておきますです。
________________________________________
令和4年1月登録ダイハツアトレーRS 4WD 走行10キロ
車検令和6年1月30日まで。
ボディカラー;トニコオレンジメタリック
オートエアコン、バックカメラ、スマートアシスト(ACC,LKC付)
消費税込み販売価格1,917,000円
ダイハツメーカー保証を継承してご納車となります。
またナンバープレートは取り替えますのでご安心ください。

新型ムーヴキャンバス発表展示会のお知らせ。

待ちに待った新型ムーヴキャンバスが相馬自動車商工にやってまいりました。
来る8月6日土曜日、一日限りですが新型ムーヴキャンバス発表展示試乗会を開催いたします。

このように女子力高めのキャンバスですが、ホントは男女問わずかわいがっていただきたい。
というわけで相馬自動車商工的には走りにこだわるGターボを展示車としてセレクトしました。
ターボエンジン搭載車はキャンバスとしてはラインナップに初登場。
何が違う?どう違う?は乗ってのお楽しみ。
試乗に出かけたら車を返すのが嫌になるくらいの居心地の良さ+頼もしい走りを
ぜひご体感ください。

ちなみに試乗車として新色のシトラスイエロー×ホワイトパール2トーンをセレクト。
黄色ナンバーとのマッチングも最高なおススメボディカラーです。
ご来場のお客様にはムーヴキャンバスオリジナルティッシュをプレゼント。
たくさんのお客様にお会いできるのをうちのキャンバスも楽しみにしてますよ。
_______________________________________
新型ムーヴキャンバス発表展示試乗会
8月6日土曜日一日限りの開催となります。

最近お買い上げいただいたおクルマをまとめてご紹介。

ではさっそくまいりますよ。

ダイハツのザ・スタンダード。ムーヴをお買い上げいただきました。
今や軽自動車といえばムーヴやワゴンRみたいな形を思い浮かべる方も多いかと思います。
いわゆるハイト系軽自動車というヤツがこのかたちです。
ちなみにもっと背の高いタントやスペーシアはスーパーハイト系と呼ばれてます。
では昔からあるアルトやミライースみたいなおクルマは?
実はこういうおクルマを業界では”セダン”って呼んでるみたいですよ。
セダンというとクラウンやらカローラやらのトランクのあるタイプを呼ぶイメージがあるのですが軽自動車のカテゴリー分けはこれはこれで独特です。
まあ、お客様がどう呼ぼうともちろん自由なわけですが。
ムーヴやワゴンRはひところに比べると注目度は下がってしまった感がありますが
取り回しやすさや乗り降りのしやすさ、そして価格を考えると非常にバランスがとれたカテゴリーかと思います。
”背の高い荷物が立てたまま入る”とかのキャッチコピーはインパクトがありますが、
まあ、荷物だけがその車を選ぶ理由のすべてじゃないですからね。
ムーヴは日々の通勤に、市内近郊のお買い物に、グッドバランスな一台。
もっと注目が集まるといいのになと思います。
お買い上げありがとうございました。
あ、タフト、ハスラー、キャンバス、トコット、ラパン、キャストはどのカテゴリーでしょうか?
実は”テイスト系”という裏カテゴリーがあるとかないとか。
(もうわけがわからないですよね)

カテゴリー分けをぶっ飛ばす個性爆発な一台をお買い上げいただきました。
ジムニーです。
これはSUVではありませんよ。
本格クロスカントリーです。断言できます。
日本には(ていうか世界にも)ジムニーしか行けない場所がたくさんあるみたいです。
しかもこのクルマはマニュアル車。乗用のマニュアル軽自動車って、ジムニーとコペンとエヌワンと・・・・・・。各メーカーかろうじて一車種づつ残っているだけになってしまいました。
コロナやウクライナの戦争以前から変わらずのご納車まで一年待ちは解消される気配がありませんが、一年待ってでも手に入れたいと思えるだけのぶっちぎりの魅力があるのも事実です。
お買い上げありがとうございました。

ダイハツRVフェアのお知らせ。

ひさしぶりにちゃんと告知します。
5月14日〜5月22日までダイハツRVフェアを開催いたします。
ダイハツRVが勢ぞろい!といいたいところですが
ダイハツRVがほぼ勢ぞろいであります。
ラインナップ→ロッキー、アトレー
まあ、タフトがありませんがそこはそれ、ロッキーハイブリッドにもアトレーにも試乗できて、
なおかつ軽オープンスポーツのコペンにも試乗できて、福祉車両のタントウエルカムシートリフトも
体感していただけます。
電動で屋根が開いたり、シートが降りてきたリ、トリッキーなクルマが多いのが相馬自動車商工の
展示車の特徴です。
話のタネでも大歓迎。ぜひ一度見に来てください。

ご来場プレゼントとして
野外イベントでのちょい座りに便利なコンパクトクッションシートをプレゼント。
これ、あると便利ですよ。


ダイハツのお買い得仕様車も多数ラインナップ。
しれっと123,224円お得!とか書いてますが123,224円。なかなかな金額では?と思いませんか。

ダイハツRVフェア
開催日5月14日(土)〜22日(日)
なお、8、14、15日はお休みです。

黒磯中学校の生徒さんが職場体験に来てくれました。

相馬自動車商工では今年も黒磯中学校の職場体験学習(マイチャレンジ)のお手伝いをさせていただきました。

車検整備を見学したり。

提携鈑金工場の東北自動車工業様にて鈑金塗装の見学をしたり。

展示試乗車の洗車をしてもらったり。


相馬自動車商工ならではの体験として毎年恒例の(と言っても2回目だが)
当社の代車を使って福祉車両の乗車体験をしていただきました。
前回は代車のハイゼットスローパーを利用しての体験でしたが、今回はハイエースの車いす移動車を使用。
生徒さんにはたたんである車いすを広げるところからやっていただきました。
車いすの押し方、固定装置の使い方、シートベルトのかけ方などなど
乗車するまでの手順、降りるまでの手順を社長みずからレクチャーしつつ、
リフトに乗って移動するとどんな乗り心地なのか、介添えさんはどんなところに気配りが必要なのか
などなどを体験していただきました。
福祉車両の乗車体験ができる整備工場、他にはなかなかないんじゃないかと自負してます。

ちょうど整備中だったハイエースのリフトを前に構造と修理箇所もレクチャーさせていただきましたよ。

がんばったごほうびにというわけでもないですが、試乗車のコペンを使って
オープンカーの試乗体験もしていただきました。

というわけで、2日間のマイチャレンジは無事終了。
私も楽しかったです。
言いたいことはただ一つ。
自動車整備士はいいよ。楽しいよ。
どうぞこちら側へ!

 

最近お買い上げいただいたおクルマをまとめてご紹介。


まずはこの一台。
やっと初日が出ました。昨年末にマイナーチェンジしたハイゼットトラックです。
今年最初のご成約だったにもかかわらす、時は流れてこれを書いている本日4月15日にようやく
ご納車することができました。
オートマがCVT化されたことが話題の中心のハイゼットトラック。
ですが4枚リーフスプリング、スーパーデフロック機構を備えた農用スペシャルにもCVTが設定されたのも
話題です。
ですが、このおクルマは5速マニュアル。
ですが、マニュアル車にもスマートアシストとエコアイドルが標準装備。
3枚目の画像を見てください。
とても軽トラのコクピットとは思えない豪華さ(とスイッチの多さ)です。
納期は・・・・・・とにかく長かった。ほんとにごめんなさい。
なんとか田植えの季節に間に合って良かった。
”田植えに使うのもったいない”とお客様は言ってましたが、軽トラは働いてなんぼ。
ぜひ楽しく快適に、そしてがんがん使い倒してくださいませ。
お買い上げありがとうございました。


お値段も魅力!なミライースをお買い上げいただきました。
ミライースのLグレードは確かにコスパ最強のベストバランスカーなのですが、
最近の売れ筋はLよりちょっと上級のXリミテッドに移ってきたような気がします。
本来オプション扱いのナビ装着用アップグレードパック19,800円が付いて
お値段据え置きの1,118,700円(Xリミテッドは寒冷地仕様が標準となります)
新車選びで難しいなといつも思うのは、グレード選びです。
こっちのグレードの方が安いけど、メーカーオプションであれとあれを追加するなら
最初から上のグレードを買った方が・・・・・・とか言う悩みはあるあるです。
コストを優先させるのか装備を優先させるのか、
グレード選びに”軸”がないからこういうことになる。というのはわかっているのですが、
メーカーの方もうまいものでして、絶妙な価格設定でユーザー(と販売店)を迷宮に引きずり込もうとします。
だから我々販売する方が○○ならこのグレード。という軸をもってお客様に提案することが大切です。
わたし、今回の販売を通じてこのXリミテッドをミライースのグレード選びの軸にすることに決めました。
LEDヘッドランプ、電動格納式カラードドアミラー、寒冷地仕様(リヤワイパー含む)そして純正ナビ装着用のアップグレードパックが装備されて1,118,700円は十分お安い。
装備と価格のベストバランス。ミライースXリミテッド。推しです!

余談ですが実はこのおクルマ某法人さまへの寄付車両としてお買い上げいただいたものです。
贈呈式には私も立ち会わせていただいて車の説明とかをさせていただきました。
地元の重鎮が勢ぞろいしてたので妙に緊張しましたよ。
お買い上げありがとうございました。精いっぱいのアフターフォローにつとめさせていただきます。

ダイハツハイゼットシリーズフェアのお知らせ。

緊急告知です。
来る4月16日(土)相馬自動車商工におきましてダイハツハイゼットシリーズフェアを開催いたします。

CVTになってぐっと乗りやすくなったダイハツハイゼットシリーズ。
見てみたいと思いませんか。
と言ったところで、ハイゼットシリーズの展示車はありません。
ごめんなさい。
ちなみに同じエンジン同じシャシを使ったアトレーがありますので
フルチェンジしたハイゼットの使用感は体感していただけると思います。
さらに、このフェアには間に合わなかったのですが
高級軽トラのハイゼットトラックジャンボを展示用として導入予定
しかもボディカラーはアウトドア感満載のオフビートカーキ。
見たくてもなかなか見れないハイゼットトラックジャンボをぜひ見に来てください。
導入は4月25日を予定しております。

なお、フェアご来場のお客様にはよそでは買えない
ハイゼットボックスティッシュをプレゼント。
花粉の季節にふさわしいナイスなプレゼントをぜひもらっちゃってくださいませ。

なお、6月30日までダイハツRVキャンペーンも開催中。
ダイハツRVをお買い上げのお客様に用品10万円分をプレゼント。
10万円。なかなかですよね。ナビが買えちゃうくらいの金額でしょ?
これ、個人的には”ほぼナビプレゼント”と呼んでます。
プレゼント対象車種はタフト、アトレー、そしてハイブリッド以外のロッキーとなっております。
なお、相馬自動車商工ではハイブリッドロッキーの試乗車もできますよ。
みなさまの”乗ってみたい”にお応えすべく頑張ってまいります。
こちらのキャンペーンもどうぞよろしくお願いします。