タグ別アーカイブ: お買い上げいただいたお車

最近お買い上げいただいたおクルマをまとめてご紹介。

ご紹介するのが遅くなって申し訳ありません。
ブログの尺?も限られてますので無駄口たたかずにさっそくご紹介させていただきます。
まずは恒例の”ダイハツ新車コーナー”からミライースです。

グレードは最上級グレードのGSA3。ということで最も高級なミライース。
アルミホイールやLEDヘッドランプで武装したハイエンドミライースです。
さらにオプションのLEDフォグランプを装備して俺様仕様に仕上げました。
プラムブラウンというシックなボディカラー。案外ミライースにも似合うんです。
お買い上げありがとうございました。ダイハツ究極の低燃費技術と先進安全技術をコンパクトなボディに
凝縮したカジュアル&セーフティな一台です。ご愛用くださいませ。
で、↓ミライース。もういっちょ。
こちらも最上級グレードのGSA3。上のおクルマとの違いはボディカラーとフォグランプくらいです。
燃費がいいからアクセル踏んだ時の罪悪感がありません。
言葉にしづらいのですが運転するとかるーいクルマに乗ってる感じがしますよ。
これもミライースのりっぱな個性。お買い上げありがとうございました。

続いてダイハツトールをご紹介いたします。
ミニバンといえばノアVOXYステップワゴンあたりが鉄板のイメージですが、
ホントは5人乗れれば十分。なお客さまも大勢いらっしゃるはず。ということでこのコンパクトミニバンの市場は活況です。
人も荷物もというクルマを考え始めると”びろーん”と長いクルマになっちゃうでしょ?
この長さ、ほんとに必要かと考え始めると(必要な人もいらっしゃるでしょうが)
譲れないのは”何人乗れるか” じゃなくて”乗った人すべてが快適か”ていうところに落ち着くと思うんですよね。
トールは走りも快適。
ミニバンをひとりで運転した時感じる”ぼっち感”は皆無。コンパクトカーを運転してる感覚と変わりません。お値段も
まあノアVOXYステップワゴンよりはお求めやすくなってますので、家族のクルマを検討するときにもっと候補にあがっても
良いのでは?と考えます。
ダイハツトール。オススメです。


ではお楽しみの?中古車コーナー。

今回はこのノア一台だけです。
程度は究極的に素晴らしいです。
このボディカラーはあまりお目にかからないオーシャンミントメタリックというボディカラー。
某サイトでノア(80系)の人気色第7位(8色中)となってましたが。
見てるだけで気持ちが明るくなるいい色だと私は思います。
お客様は小さいお子様がいらっしゃるファミリーです。このドラえもんみたいなボディカラーは絶対お子様受けは良とみましたよ。
あとひとつ。中古でお選びいただく場合
人気車種の中であまり見かけないボディカラーは実はお買い得なことが多いです。
このノアなんかまさにその典型。売ってる私が言うのも変ですが
”ノアってこんなに安かったっけ?”と思うくらいのお買い得価格で販売することができました。
高級志向の7人乗り。両側パワースライド装着のGグレード。純正フリップダウンモニターも付いてます。
おだてるわけじゃないですがお客様はお目が高い。中古車選びの何たるかを心得てる。
実はこのオーシャンミントメタリックが超気に入っただけかもしれませんがそれはそれで素晴らしい。と思いましたよ。
お買い上げありがとうございました。ぜひこの素敵なノアでご家族の時間を満喫してください。

おまけ↓

ごくまれにですが当社の代車を販売させていただくこともございます。
今回ほんとにたまたまですがご要望がありましたので当社の代車をそのままお客様に販売させていただきました。
まあ、こういうことも出来ますのでご希望があればお気軽にご相談くださいませ。

最近お買い上げいただいたおクルマをまとめてご紹介。

ではさっそく。まずは新車部門からご紹介いたします。

タントカスタムです。
しかもグレードはRS。低速から気持ちよく走りをアシストしてくれるちっちゃいターボチャージャーのおかげで
発進はスムーズ。
アクセルの反応も気持ちいい。
まじでもっともっと走らせたくなる気持ちいいエンジンを搭載しております。
CVTの出来がいいのか、私的には同じエンジンを搭載したスポーツカーのコペンより気持ちよく感じます。
いっそ乗り換えちゃうか?
実はこのクルマはウエルカムシートリフト&車いすクレーン搭載の福祉車両なのですが、そういうところは外観からは
微塵も感じられませんよね。
お買い上げありがとうございました。
いかつい外観をまとった優しいタントカスタムRS。ぜひ走りと使い勝手の良さをご堪能くださいませ。

つづいてはアトレーです。
こちらも上のタントカスタムRSと同じ心臓部をもつターボエンジン搭載車。
でもアトレーはFRレイアウトをベースにしているので乗った感じは明らかにタントとの違いを感じます。
タントが踏ん張る感じなのに対してアトレーはキビキビ動く感じ。といったら伝わりやすいでしょうか?
アトレーはこの型になってからトランスミッションがCVTとなりました。
先代のアトレーと比べてスムース&イージーかつレスポンスの良い走りは
ホントに遠くへ遠くへと行きたくなる絶妙なセッティングです。

で、たまたま納車時期が重なった2台を並べてみましたが、
どちらもかっこいい!
事情が許せば2台をガレージに並べて。なんてね(笑)

おっと。もう一台のアトレーのご紹介を忘れるところでした。
納車時期が重なればこのおクルマも並べてみたかったんですがねえ。
ということで↑のオフビートカーキと違うのはボディカラーだけですがこのシャイニングホワイトパール、そうとう素敵ですよね。
とにかくこの手のお車は夢が広がる。
まるで自分の部屋を初めて与えられた少年みたいな気分になりませんかね?
お買い上げありがとうございました。

では続いて中古車編。
ステップワゴンスパーダです。
標準ステップワゴンのカスタム仕様というか、ちょっとやんちゃでスタイリッシュな内外装が
このスパーダの持ち味です。
一昔前と違ってミニバン=家族仕様
の図式が当てはまらないケースがたくさん出てまいりました。
人も荷物もたくさん乗せられる7-8人乗りミニバンにあえて一人やカップルで乗る。
これが現代の粋ってものかもしれません。
(もっともこのスパーダは正当に?ファミリーカーとしてお買い上げいただきましたが)

↑色味を抜いたクリスタルテールランプが粋。

↑ハーフレザーシート+ブラック内装が粋。

↑独立したセカンドシートを備える豪華7人乗りが粋。

続いてご紹介するのはホンダの稼ぎ頭N-BOXです。
いわゆる新古車として程度バツグンの一台をお買い上げいただきました。

同じような車はたくさんあるのに、なぜかN-BOXはすごくクリーンに見えるのはなぜでしょう?
個性はあるんだけど個性をひけらかしたりしない。
タントやスペーシアはあきらかにN-BOXをライバル視しておりますが
なぜかN-BOXは”自分がライバル”と思っている節があります。
新型のN-BOXが出ましたけど、ぱっと見代わり映えしない。
けど、N-BOXにしか見えない。
すごいことじゃありませんか。

タント、スペーシアと違ってOEM車をつくらないところもホンダの自信をかんじます。

お買い上げありがとうございました。

 

最近お買い上げいただいたおクルマをご紹介。

今回ご紹介する新車はこんな箱に入ってやってまいりました。


さっそくご紹介いたします。

新車の松永製作所製ストレッチャーC6900MATSです。

実は先日ご納車させていただいたハイエースBタイプの車載用として追加でご購入いただきました。
随所にアルミ製のパイプを使って介助する方の負担を減らした高級品です。高さ調整機構もついてます。

このC6900MATS型はトヨタハイエース車いす移動車の専用ストレッチャーとして指定されております。
(ただし、車両側にメーカーオプションのストレッチャー固定装置が必要になります。)


付属品としては、専用の枕と利用者さまがストレッチャーからずれないように固定するマジックテープ式固定ベルトが2本ついてきます。
今回のご納車にあたって施設職員の方とああでもないこうでもないと言いながら私もストレッチャーによるご乗車を勉強させていただきました。
製品の出来は文句のつけようがない専用品なのですが、やはりプロの道具。
利用者さまに不安を与えないスムースな乗せおろしのためには練習が不可欠かと思いましたよ。
納期は約1か月。
正直お車の商談時にこのストレッチャーもご提案できていたらと反省しきりであります。
お買い上げありがとうございました。これでやっと新車のハイエース車いす移動車も本領が発揮できるというものです。
今後もどうぞよろしくお願いいたします。

 

最近お買い上げいただいたおクルマをご紹介。


アテンザワゴンです。
アメリカンでもヨーロピアンでもない。これがメイドインジャパンのワゴンだ!
いや。本気でそう思います。のびやかでスタイリッシュで、それでいて取り回しはバツグンにやりやすいです。
お客様からのご要望は4WDであること。とボディカラーくらいだったのですが、これまた異常な乗りやすさのスカイアクティブD
(クリーンディーゼル)を探し当ててくることができました。

室内もなんというか、いい車に乗ってる感が半端ない。
目の前になんか、くわっというかんじで迫ってくる3連丸目のメーターが迫力です。

お買い上げありがとうございました。お買い物に、お仕事の足に、どうぞ激しく楽しく使い倒してくださいませ。

最近お買い上げいただいたおクルマをまとめてご紹介。

というわけで、VOXYです。

いいでしょ?これ。
実は社外ナビが装着されていたのですが操作が分からなくて苦労しました。
結局お客様がご自身でネットで検索して操作方法を解決。
何回も当社に足を運んでご自身で設定していただいた結果、ご納車当日はスムースにことが運びましたよ。
まあ、情けないやら頼もしいやら。デジタルガジェットにお詳しいお客様で救われたというのが本音ですかね。
お買い上げありがとうございました。どうぞお楽しみくださいませ。

続いてご紹介するのはハイエースです。
激しい納期遅れが続いている車業界。中でもトヨタははなはだしく納期が長いです。
そんな中、ハイエースの納期は比較的短い。
でも勘違いしないでくださいね。6か月待ちましたよこのクルマ。ハイエースはかなり前から6か月の納期がかかってましたから
年単位で新車が待たされるこの状況では、6か月でも納期が早い(ていうかほかの車が遅すぎる)ということになりました。

リハビリや透析の患者様を送迎するためにということで地元のクリニック様にお買い上げいただきました。
このハイエース、ただのハイエースワゴンじゃないです。

しっかりと独立したシートを備えるワゴンなのですが

オートステップや手すりを備えた送迎仕様。
トヨタで言うウエルジョインというシリーズです。トヨタのセールス様とも話したのですが”正直、めったに出ない”とのこと。
不思議ですねえ。ワイドキャビン+スーパーロングボディで室内スペースはありあまる広々感。
ガソリン車ですが2WDも4WDも選べる。
ガタイがでかいわりに小回りが利いて見切りもよいボディは案外運転もしやすいです。
そしてなんといってもハイエース。ここだけの話、某社の某車に比べてリセールも期待出来ちゃいます。
使いご心地、利用者様の評判はいかがでしょうか。
メンテナンスはどうぞおまかせください。お買い上げありがとうございました。

最近お買い上げいただいたおクルマをまとめてご紹介。


ひたすらお待たせしてしまって申し訳ありません。
また、約半年もお待ちいただきありがとうございました。
ようやくご納車できました。ムーヴキャンバスストライプスG
スムースグレー/ホワイトパールの2トーンストライプ仕様です。
Z世代ちょっと過ぎくらいのお若いご夫婦でご来店。奥様用にご購入を決めていただきました。
夫婦で軽自動車を一人一台づつ所有するというライフスタイル。いいじゃないですか。
ご家族が増えるとかライフイベントに応じて増車、買い替えをご検討するという無理のないスタイルがさわやかだなあと思いましたよ。
(どーでもいい話ですが一昔前はクルマ命みたいな男子がうようよしていて、良くも悪くも暑苦しかったわけですが)
お買い上げありがとうございました。かわいいキャンバスをぜひさわやかに乗りこなしていただきたいです(笑)

続いては当社整備スタッフが中古車の海から探し当ててきたNBOXをご紹介させていただきます。
実物をしみじみ見て思った。
すべてのハイト系スライドドア付き軽自動車は、実はNBOXになりたいんです。きっと。
ホンダお得意のセンタータンクレイアウトを用いて床面を下げた使い勝手は実は福祉車両にも有利。
個人的には今までタント一択で考えていた軽福祉車両の世界にもNBOXの波が来たかなという思いを抱いております。
スタッフが渾身の磨きで仕上げたこの色艶をご覧ください。ホンダセンシングを搭載した安心安全の一台。
末永くご愛用いただけるものと確信しております。
お買い上げありがとうございました。


続いては新車編。
2台続けざまに別々のお客様にお買い上げいただいたハイゼットカーゴのご紹介。
共通なのは運送事業用の黒ナンバーを取得されたということです。

でもこの2台。オーナー様の志向が反映された別々の仕様となっておりまして、ご紹介のし甲斐があるというものです。
まずこちらのハイゼットカーゴ。ボディカラーはホワイトイパール。グレードは最上級のクルーズターボ。ディスプレイオーディオとLEDパックを装備した”自分仕様”の一台です。
さらにもう一台のハイゼットカーゴはこちら

こちらのカーゴ。グレードはクルーズ。ボディカラーはシンプルなホワイト。トランスミッションは今やこだわりの5速マニュアル。
そしてこだわりのリヤスポイラーがお仕事の気分をアゲてくれます。
今回2台の運送事業用登録のお手伝いをさせていただいてこちらとしても大変勉強になりました。
はっきり言っていまや軽バンはハイゼットカーゴ一択です。
某社の某車と乗り比べてみてください(笑)。
お買い上げありがとうございました。ご商売の繁盛を祈念しております。

最近お買い上げいただいたおクルマをまとめてご紹介。

ではどんどんご紹介させていただきます。

ニッサンNV150ADです。
小型貨客兼用バンといえばプロボックスがど定番なのでしょうが、
いわゆる”じゃない方の”小型バンといえばこのAD。
ADの歴史はプロボックスより古い。
かつては日産サニーADやらパルサーADやら、常用セダンの商用版(バン?)といった位置づけで
トヨタやホンダや三菱と覇権争いをしていたのはたいへんたいへん懐かしいです。
かつて日産に存在していたウイングロードという小型ワゴンもADとボディを共用していました。
真横から見ると前から後ろにかけてぐにゃっとラウンドしてつながる独特のドアの上側のラインが
特徴的でもあり、ワゴンの名残を残している風でもあります。
それにしてもこのお車に限ってなのか、やたらと納期が早かった。
お客様から”もう来るんですか”と言われたのは実に久しぶりです。
商用バンなので。一日も早い納車は必須。
車の安定は仕事の安定。喜んでいただけてこちらもうれしいです。

続いてはスズキアルトの良質な中古車をお買い上げいただきました。
お客様のオーダーは、ずばり”マニュアル車”
この時点で大部分の軽自動車は予選落ちになります。
で、たぶん最もタマ数の多いであろう安定のスズキアルトをご提案。
うれしいことに気に入っていただけました。
考えようによってはこのようにお客様の志向がはっきりしていると中古車は探しやすい。
自分で言うのも何ですが、いい車が見つかりましたよ。
お買い上げありがとうございました。

というわけで、今回は2台。これからも順次ご紹介させていただきますのでご期待くださいませ。

 

 

最近お買い上げいただいたおクルマをまとめてご紹介。

たくさんのお客様に相馬自動車商工をご利用いただいたことと
これを書いている人間の怠慢のおかげで(笑)
ご紹介記事が遅れてしまって申し訳ありません。
”今回は自分の車載ってるかな?”とか楽しみにしてくださっているお客様もいらっしゃるかと思います。
さっそくいってみましょう。

みんな大好き。定番のジムニーシエラをご納車させていただきました。
発売当初から納期一年ということが話題になっているジムニーシリーズですが
このお車は10ヶ月くらいでご納車することができましたよ。
どの車にもない唯一無二の走破性、タフアンドキュートなたたずまい、
手の届くハイブランド。
次のジムニーは無いかも。とか根も葉もないうわさが一部でささやかれておりますが冗談じゃない。
ジムニーを絶やすことは日本のものづくりの損失です。
定番色のジャングルグリーンにカロッツェリアのディスプレイオーディオそ装着してのご納車です。
悪路を走ることも多いというユーザー様。どうぞジムニーシエラを使い倒して楽しく汚してあげてください。
お買い上げありがとうございました。
つづいて、こちらも納期が長くてご迷惑をおかけしているムーヴキャンバスを
お買い上げいただきました。

このお車は笑ってます。最近のクルマにはめずらしく表情のあるクルマです。ペットショップで子犬を見つけた

みたいな感じで一瞬で心を奪われちゃうお客様も多いのではないでしょうか。
加えてこの地味派手路線のピンクツートン。(アプリコットピンク/ホワイトパール)いかにもおいしそうな
ボディカラーです。
このお車は洋服とかペットとかアクセサリーとかそういうたぐいのものと同じ感覚で選ばれそうな一台です。
ジムニーと同じく長いこと待ってでも手に入れたい一台。末永くご愛用いただけると嬉しいです。


続いてはレクサスです。
レクサスGSハイブリッド450h。
年式的にはちょっと前という感じなのですが、
車種ごとの個性がはっきりしていたこのころのレクサスも魅力的です。

コンディションは大変良好。
しかし乗り出すともっと感動します。
ボディはそこそこ大柄だけど取り回もやりやすい。乗り心地も素晴らしい。
運転も楽しい。幼稚な感想ですけど、パッと乗り出してはっきりとこのクルマの魅力を体感できる
のはすごいことだと思います。
どうぞ末長くご愛用くださいませ。

最近お買い上げいただいたおクルマをまとめてご紹介。

最近お買い上げいただいたおクルマをまとめてご紹介させていただきます。
ありがたいことにいろいろなお車をお買い上げいただいております。
たくさんたまってしまったので何回かに分けてご紹介いたします。

ミライースLSA3をお買いあげいただきました。
ミライースは何台もお買い上げいただいてるのですがグレード別にするとこのLSA3がいちばん売れている
のではないでしょうか。低燃費、低価格というミライースの本流にもっともマッチしているのがこの
グレードだと思います。
意外と似合うファイアークオーツレッドのカラーもステキじゃないですか。
お買い上げありがとうございました。

ムーヴキャンバスセオリーGターボです。
セオリーというのはモノトーンのボディカラーシリーズのことを指しています。
ツートーンのかわいらしいカラーが鉄板のように思えたキャンバスですが
新型になってからダイハツもモノトーンのキャンバスをだいぶアピールしてきてます。
そして、実物はなかなか素敵なんですよ。これが。
アナザースタイルパッケージ(ビタースタイル)+ビターパックの組み合わせで食べたくなるような
キャンバスが出来上がりました。
ルーフラックの色もブラックで統一しているのがおしゃれ度をアップさせていると思いませんか。
こういうクルマって豊富なオプションの中からいわゆる”わたし仕様”を完成させる楽しみがありますよね。
はっきり言って納車の後も時々お目にかかりたい一台です。
お買い上げありがとうございました。

続いてはタフトをご紹介いたします。
このセラミックグリーンというカラーはもともとはミラトコットがデビューの時にイメージカラー
として登場しました。
しかしですよ、このカラーがタフトにはまることはまること。
グレードはGターボダーククロムベンチャーというグレード。
グラスネオボディコーティングを施工させていただきましたので、写真でもつや感の違いがわかりませんか?
個人的にタフト買うなら私も絶対これだな。
お買い上げありがとうございました。
今回はダイハツの新車を3台ご紹介させていただきました。

新車のご納期遅れが解消されずにご迷惑をおかけします。
この3台の中ではキャンバスは特に納期がかかっております(4か月超)
が比較的短い納期のお車もございますのでお問い合わせいただけると嬉しいです。

 

 

最近お買い上げいただいたおクルマをまとめてご紹介。

最近お買い上げいただいたおクルマをまとめてご紹介。
というタイトルではありますが、今回は2台しかありません。
ではさっそくご紹介させていただきますよ。

シエンタです。
一つ前の型のシエンタはスニーカーみたいなフォルムが特徴です。
形で個性を出すのが結構大変なコンパクトミニバンの世界の中で
一目でシエンタとわかる形を作り出すのは並々ならぬご苦労があったと思いますが
そのかいあって2代目シエンタは大ヒット商品となりました。
このお車は御覧のようにスロープ付きの車いす移動車。
一番ベーシックなタイプ1というタイプです。
車いすを載せないときは5人乗車。車いすを載せても4人乗車を可能にしたパッケージングは素晴らしい。
介護施設さんには運転に不慣れな職員様もいらっしゃいます。
ハイエースみたいな大きいサイズのお車は
敬遠されてしまうケースも多いとかお聞きしますよ。
デザイン、ユーティリティー、ボディサイズの3つが見事に成立したシエンタ。
個人的に福祉車両の名車だと思っております。

ちょっと前下がりでスニーカーみたいな形がかわいらしいですよね。
お買い上げありがとうございました。
続いてはミライースです。

ミライースの最上級グレード、ミライースGをお買い上げいただきました。
なんとエスティマからのおのりかえです。
エスティマよりミライースの方が良いよ。とか言うつもりはないのですが、
ご家族でのお出かけ、部活の送り迎えなどなど、ご家族の”ミニバンの季節”を過ぎると
もっとパーソナルな車が欲しくなったりしますよね。
”思いっきりコンパクトで燃費の良い車”
ということでミライースを選ばれたお客様はお目が高いと思います。
”家族で旅行に出かけることもあるし”
なんてときは、レンタカーがあるじゃないですが。
最上級、アルファードハイブリッドのレンタカーを年に4回レンタルしても、
アルファードを買って維持するよりはね・・・・・・。
ミライースという車は不思議な車で、上級グレードほど影が薄い。
でもでも、低燃費、低価格をしっかり押さえたうえで所有欲をくすぐるこのGグレードは
ひそかにねらい目かもしれません。
アルミホイール、LEDヘッドライト、電動格納ミラー、オートエアコン、スマートキーが標準装備でそれでも123万円~のお値段。
最近の軽自動車としてはバリ安いじゃありませんか。
ミライースをしみじみ眺めていると気軽に乗れるベーシックな軽自動車ながらも
親しみやすさに全振りしないエッジーなデザインは大変魅力的じゃないですか。
トヨタの豊田章男前社長が”ダイハツで一番好きな車は”と聞かれて
”コペンと答えると思ったでしょう?、ミライースです。”と答えていたのを思い出しましたよ。
良品廉価を地で行くダイハツを代表する名車ミライース。
どうぞ末永くご愛用ください。
お買い上げありがとうございました。