最近の整備事例をちょっとだけご紹介。

ばらばらに撮りためた整備中の写真が集まってきましたので最近の整備事例をご紹介いたします。

コペンのトランクに潜り込んで何をやってるかと言いますと、
ラジオアンテナのホルダー部分を交換しております。
パッと見簡単そうに見えたので”ちょっとやっといて”と気楽にオーダーしたのですが意外と大変だった(笑)
それにしてこのコペンという車は整備中の様子も映えるというか、くすっと笑える一枚になりました。

これも相馬自動車商工的には映える一枚です。
福祉車両が2台並んで整備中。
左のハイエースは車いすリフトを下ろしての点検と車いす固定用フック付きケーブルの交換中。
左のAZワゴンは車いす後退防止ベルトの交換中です。

↑ハイエースの車いす固定装置交換中の模様です。

↑AZワゴンスロープ車の後退ベルトの交換作業の模様です。
修理となると部品がアッセンブリー供給になってしまうため高額修理になりがちなのが難点です。

FJクルーザー。
トルコン太郎によるオートマオイル交換と同時に
オートマオイルパンを取り外してオイルストレーナー交換中の図です↓

むき出しになった電子制御式オートマチックの油圧制御機構。
さらにこの奥にはアリの巣みたいなオイルの通り道(油路)があります。


↑ちょい古なタウンエースのリヤシャフトベアリング交換の図です。
ベアリングが完全にNGなものでリヤアクスルシャフトを抜いて交換します。
なお、デフオイルまみれになってしまったブレーキドラムの中を清掃しブレーキシューも交換します。

↓冷却水まみれになったミニのエンジン。
なぜかリザーブタンクのふたがありません。
オーバーヒートしたからふたが無くなった。わけではないと思いますがロードサービスで搬送されてきました。



なるほどファンベルトが無い。

ていうか細かく切れて絡んでました。

なお、ボンネットを支えるダンパーもへたっていたのですが、今回はこのままで。
というわけですのでちょうど良いあんばいの棒をささえにしてるのはご愛嬌。

私達は通常の車検、点検以外にもこんな感じで入庫してくるお車と向き合って過ごしております。
いろんな症状、いろんな故障があって毎日見てても興味は尽きません。
福祉車両専門店とか言ってますが、もちろんお車のことならよろずうけたまわりますよ。
ちょっと無理めかなと思うことでもお気軽にご相談ください。

キャラバン車いす移動車のリフト修理

車いすリフトが収納されないという故障でご入庫のキャラバン車いす移動車の修理レポートです。

スライドの途中でストップしてしまった車いすリフト。
さぞかしあせったことと思います。
まずは緊急用のスイッチを押してリフトを格納します。
(緊急用のスイッチでリフトが格納できるということはリフトモーターは正常だということです)

忙しい施設様で休みなく働き続ける福祉車両。酷使される車いすリフト。
たまには故障しますって。
福祉車両整備ほ本格的に始まってから5年。
それなりのノウハウの蓄積も当社にはありますので疑わしい箇所から点検してみました。

原因はコレ↓

この型のキャラバンのウイークポイント。
挟み込み防止テープスイッチの誤作動。


ついでに。というわけはありませんがリフトフフラップのワイヤーを調整します。
リフトフラップはゆっくりと倒れてくるのが正常。
時々バタンっていくかんじで勢いよく倒れてくるフラップがありますが、これはワイヤーが伸びている証拠。
ついついフラップが倒れてくるのを待ちきれなくて足で倒しちゃう。
なんてことはあるあるなのですが、お車のためにもここは深呼吸しながら待っていただきたいです(笑)。

相馬自動車商工は福祉車両の整備販売に力を入れてまいります。
来月には代車として200系ハイエースの車いす移動車をもう一台増車予定。
ハイゼットとファンカーゴのスロープタイプの代車もあります。
福祉車両レンタカーも好評展開中。
福祉車両でお困りの際はぜひお声がけを。お待ちしております。

最近の福祉車両の整備をご紹介。

キャラバン福祉車両の車いす固定装置がたびたび動かなくなる。とのご依頼を受けての整備をレポートいたします。

持ち込まれたときこの車のドライバーさんは。ヒューズ切れでしよ?とおっしゃっておりました。

まぁヒューズ切れに間違いはないのですが、ヒューズが切れるのには原因があるわけで…。ヒューズ交換で、ハイ直りました!というわけにもいきません。

まして福祉車両の場合ご利用者様を乗せてるときに不具合発生ということになると介護や送迎のスタッフさんにも相当不安とご迷惑をかけることになります。

ということです今回はいわゆるやっつけ仕事ではなく、ヒューズ切れの根本原因を探ります。

 

サーキットテスタや配線図を片手に配線を追っていく地道な作業。

日本福祉車両協会認定工場の相馬自動車商工にはすぐにマニュアルを取り寄せる環境が整っています。

で、発見しました!

この型のキャラバンの場合配線がリフトの動きに沿って動く距離が長いような気がするんですよね。配線の経年劣化もあいまって、配線トラブルは結構目にします。

配線トラブルを事前に発見するのはなかなか大変です。ヒューズ切れイコールどこかで電気的トラブルがあるということです。

じっくり、そして一回で完治する修理を心がけてまいります。

福祉車両の整備でお困りのお客様、どうぞお気軽にお声掛けくださいませ。

福祉車両の代車もありますよ。

 

リーフ11年目、色々あります。

相変わらず存在感ありあり。な当社のリーフですが、このたびめでたく11年目を迎えました。

いくらEVといえども、10年約10万キロも乗るとトラブルフリーとはいきません。

ある時こんなランプが点灯。来るものが来た。という感じでしたね(笑)

当社若手メカのYくんが故障診断。

エンジンを持たないリーフはインバータの冷却や暖房のために電動ウォーターポンプを採用しています。今回のチェックランプ点灯はこのウォーターポンプが原因でした。

右が新品。左が旧品(笑)

しかし電動ウォーターポンプって、ガソリン車のそれとは似ても似つかない形をしてますよね。

 

ジェットエンジンみたいじゃないですか?

このたび車検も受けて11年目をスタートした当社のリーフ。

まだまだ活用していきます。大枚叩いて購入した以上は、使い続けるとEVはどうなるのか?をしっかり検証してまいります。

ほぼレストア!?除草剤散布車の整備レポート

長年放置状態だった除草剤散布車の整備レポートです。
いつもお世話になっている某ゴルフ場様よりご依頼です。
当社スタッフが別な車を納車にうかがった帰りに”つぎ、これお願いね”みたいな感じで
この除草剤散布車の整備のご依頼をいただきました。
居酒屋で”ちょっと醤油取って”みたいなノリで(違うか)
ご依頼はシンプルに”使えるようにしてくれ”だそうです。
そりゃそうでしょうけれども・・・・・・
わたしの第一印象。
失礼ながらシンプルに”何これ?”

ある程度分解してから撮影した画像ではありますが、どうです?
しかし受けちゃった以上何とかするしかないでしょう。
というわけで当社のレジェンドメカW氏の手にこの車はゆだねられました。
決して丸投げじゃありません。が、他に直せる人がいるかというとそれもまた何とも言えません。


ニッサンアトラスの荷台に載せられた除草剤散布機。
もちろんナンバーなしの構内専用車です。
わたしにはどこがどうなっているかわかりません。
Wメカによると、幸いにもアトラスの車体のほうはすぐにエンジンがかかったそう。
ということで、この修理のキモはこの散布機の修理ということになりました。

メカ好きな人にはたまらんのでしょうが、この記事を書いてる私には修理の時系列に画像がならんでいるのか
自信ありません。
ただ、無い部品は農機具やさんや自動車部品商ではない部品やさん、さらにホームセンターをまわって調達し、
本体そのものを加工したり、ホースパイプ類は取り回しを変えたり、電気配線をやり直したり。
はっきり言って、よくぞ直した。
心からそう思います。
これはまさにWメカだからできること。
故障診断業務と電子整備、部品交換が作業の中心になった現代の自動車整備とは
一線を画す今回の整備。短時間、低価格ではとてもできない作業です。
今回の整備も7月〜12月いっぱいまでかかりました。
まあ、手間暇を考えれば結果的には高くない整備になったと自負しております。


こんなことができるのは6人いる当社メカニックのなかでもWメカだけ。

↑ちなみにエンジンカバーの溶接仕上げは当社提携の鈑金工場”東北自動車工業”に外注しました。
↓12月某日当社キャリアカーに積まれて無事ご納車となりましたとさ。

当社でも今回のような整備はめったにありません。
次に同じ整備をお願いしたら、受けてくれますか?
と聞かれたら?
うーーーん、
少なくないお時間を覚悟していただければ”ご相談には”応じさせていただきます。
まあ、相馬自動車商工は基本お断りしない主義ですので(笑)

 

 

ちょっと大きめなおクルマもおまかせください。

福祉車両や乗用車ばかりじゃない!
相馬自動車商工はこんなおクルマの修理もやりますよ。

ミツビシキャンターの2トントラックの修理です。
今回は路上で走らなくなりレッカー搬送されました。
当社の整備工場の一番奥側に鎮座する大型用リフト。
片側約3トンの揚力をもつツインエースリフト。
後輪側は移動式になっており、車のアクスルの位置に合わせてセットします。
で、2枚目の写真にありますように今回このおクルマが走らなくなった理由はクラッチ。
クラッチが減ったから。というのもありますが
”ギヤが入らなくなった”というドライバーさんの証言から、クラッチレリーズを疑います。
で、”どちらにしても下ろしてみるか”ということで、トランスミッションを取り外します。

で、まあ予想は付いていたとはいえ直接の不具合はクラッチレリーズ。

油圧によりレリーズベアリングを押しだしたり戻したりしてクラッチの断続を行う部品なのですが、
長年のご使用によりオイル漏れをおこしていました。

↑新品を組みつけたところ。右側に見えるのがクラッチフルード(中身はブレーキフルードと同じものです)
が流れ込む油圧ホースです。

クラッチ板に刻まれた溝がだいぶ浅くなってます。

まあ、タイヤみたいなもので、使えばクラッチ板も減りますよね。

こういうクルマのサイドブレーキはここにあります。
通称センターブレーキと言いまして、タイヤそのものではなくプロペラシャフトを固定して
停車中のクルマが転がらないようにしています。
今回センターブレーキのライニングも同時交換させていただきました。

というわけで、相当時間かかるなと思った今回の修理ですが、当社レジェンドWメカの技術により
わずか4日で現場復帰。
稼ぎに直結する配送用のトラックをいち早く修理完成することができて良かったです。

福祉車両、輸入車整備、一般の車検点検、事故修理その他ちょっと大きめなおクルマでも、お車のことでしたら
何でもご相談に乗りますよ。
お困りごとがございましたらぜひお気軽にご相談くださいませ。

最近の福祉車両整備をご紹介いたします。

おかげさまでたくさんの施設様から福祉車両整備のご依頼をちょうだいします。
最近では常に何らかの形で福祉車両が入庫しているというのが相馬自動車商工の日常になりました。
今回はそんな日常をちょっとご紹介させていただきます。

E25キャラバンの車いす移動車の整備です。
時々車いすリフトが動かなくなる。というやっかいな故障です。
キャラバンの場合リフトの昇降とスライドをモーターで行っています。
ハイエースに比べると機構は若干複雑です。

”時々”というのがポイントで、現象確認ができないとなかなか故障個所を見つけるのがたいへんです。
今回も配線、テープスイッチその他ウイークポイントになりそうなところは一通り点検したのですが
残念ながら故障現象は再発してくれません。
ただ、整備の副産物と言っては何ですが傷んだローラーを4つ新品交換させていただきました。
言わずもがな、リフトに装着されているのが交換したての新品。地面に横たわっているのが取り外したローラーです。
材質は金属のベアリングにプラスチックの被膜をかぶせたような作りになっているので耐久性はそれなりです。
日々利用者様の送迎に使っているリフト車なら車検ごとの点検交換をおすすめします。
というわけで今回の整備はここまでとさせていただきましたが、14万キロという走行距離を考えると
配線交換をおすすめしても良かったかもしれません。
”故障するかもしれない”というご心配を限りなくゼロに近づけてさしあげるのも当社の仕事ですから。


つづいてこちらもE25キャラバンの修理の模様です。
こちらの故障は”車いす固定装置が外れない”というもの。
施設職員様はたいへん焦ったと思います。
利用者様をだき抱えておりていただいた。とのことでした。
この場合はもちろん固定された車いすごとご入庫。原因はすぐわかりました。

これがキャラバンの固定装置の中身です。
スイッチを操作するとまん中のシャフトがぐるぐると回って
固定ベルトを巻き上げます。
そしてベルトの留め具?がシャフト先端のリミットスイッチに当たると固定が完了します。
今回異物の噛み込みによりリミットスイッチが解除されなくなっていました。


↓本来こういう状態なわけなのですが

↓この留め具というのかベルトを折り返して固定している部品のボルトとカラーがなくなっていました。
異物をかみこませたまま作動をくりかえしていたことが原因でしょうか。

写真を撮っておけばよかったのですが、この固定装置内はそうとう汚れていたみたいです。
きれいに清掃してなくなっていたボルトとカラーを交換して作業終了としました。
また、前側の固定装置も点検させていただきました。


こちらはハイエース。ささくれた車いす固定用のワイヤーを交換しております。

車いす固定装置に限らずワイヤーはほつれ始めるとたちまち限界をむかえます。
今回は施設の職員様が気づいて当社に固定装置のワイヤー交換のお問い合わせをいただきました。

↑こんな感じで巻き取りゼンマイを外して


↑ささくれたワイヤーを取り出して

先端にフックが付いた新品に交換します。

実はこの辺の作業は当社メカニックは慣れたもの。
しかも当社では200系ハイエースの車いすリフトのこういった消耗部品は常時在庫しております。
今回も部品待ちを発生させることなく一日で作業完了。
最後に人が乘った車いすを実際に固定して作動確認。作動に問題ないことを確認の上ご納車させていただきました。

相馬自動車商工では施設様個人様のご要望におこたえするため、車いすリフト車3台。軽スロープ車2台。ウエルカムシート車1台。合計5台の福祉車両代車をご用意しております。
車いすリフト、スロープ、固定装置などの作動がおかしい時は放置せずにぜひご相談くださいませ。
迅速なご対応をお約束いたします。

 

ハイエース車いす移動車リフトモーター修理

ちょっと前の修理レポートですがご覧ください。

相馬自動車商工では割と見慣れた感があるハイエースの車いすリフト修理の光景ですが
今回はちょっとだけ毛色の変わった故障が舞い込んできました。
実はハイエースの車いす移動車の場合リフトが上下しないという故障はあまりありません。
あるとすればカールコードの付いたペンダントスイッチ部分の断線とかが多いです。
今回の故障はずばりリフトがスライドしないという故障です。
この故障は比較的多いです。でもたいていはリフトが傾きながらスライドするとか
異音がしながらスライドするとか、そういった故障が多いです。
でもこのおクルマの場合は完全にスライドしない。上がったまま中に引き込まれないという故障です。

例によってリフトを取り外し、リフトのスライドモーターそのものを取り外して単体で点検します。


わかる人にはわかる。
別にリフトモーターじゃなくてもモーターの仕組み上おこりうる故障ではないでしょうか。

見事にモーターのブラシが減ってます。
これだとモーターのコイルに電流を流すことができませんね。
終わってみれば一般のお車のパワーウインドウの故障とかと同じ修理なのですが
このモーターが故障すると現場での応急処置はなかなか難しいです。
相馬自動車商工ではハイエースとキャラバンの車いす移動車の代車をご用意して
不意の車いすリフトなどの故障に備えております。
緊急時はぜひお電話ください。

かなりヘビーなデイムラーダブルシックのスエアコン修理。

たぶん当社のメカの誰もが経験したことのないであろうヘビーな修理を
当社いちばんの若手メカが見事にやり遂げましたのでご紹介させていただきます。
患者(患車?)様はこちらのおクルマ。
1995年(平成7年)式のデイムラーダブルシックス。
美しすぎるシルエットの名車です。
当社にご来店のお客様にもこのエレガンスなたたずまいに
”これ、いいよねぇ”とか”ぴかぴかじゃん”とか”いくらですか?”
とかため息まじりの感想をたくさんいただきました。
もちろんお客様からのお預り車ですからしっかり修理してお返しするのが
われわれの役目。
今回この大役をおおせつかったのは当社いちばんの若手メカ若干24歳のY氏。
当社入社後講習に通って整備士免許を取得したというたたきあげです。

症状はシンプルに”エアコンが効かない”
たしかに効きません。
コンプレッサーの故障とかコントローラーの故障というよりは、エアコンガスそのものが循環
していないみたいです。

ガスを足して様子見てください。なんていう小手先じゃなおりません。

高圧パイプが詰まってるんですよ。
まずはパイプを外して、出てきた物体はこのつぶつぶ。
そう、これは古い車のエアコンでいちばん悪さをするパターンの、あのレシーバータンクのなかの
活性炭。本来湿気を含んだエアコンガスの湿気をとるためのものなのですが、
経年によりバラバラの粒になってエアコン配管の中にでてきて配管を詰まらせてしまいます。
これは始末が悪い。
じつはわれわれも自動車電装店に外注を試みたのですがお断りされてしまい、腹をくくりました。
詰まっている高圧パイプは取り外して交換します。
つぶつぶがまわってしまった室内側の熱交換器エバポレーターも交換します。
室外側の熱交換器コンデンサーも交換。レシーバータンクももちろん交換。
そして肝心の高圧パイプも・・・・・・。
なんと高圧パイプは生産中止。
しかし懇意にしている部品商様からの情報提供により高圧パイプを作っていただきました。
これは助かった!

エレガントなインテリアをバラバラに・・・・・・。

こうしないとエバポレーターは外れません。


さらにバラします。

もはや元に戻らん・・・・・・
なんてことはありませんのでご安心を。

ついにたどり着いたエアコンのクーリングユニット。
この奥に肝心のエバポレーターが・・・・・・。

ついにエバポレーターにたどり着きました。
左側、パイプが2本付いている部品がエバポレーターです。

元通りに組み立ててエアコンガスを入れて完成!
って私なんかが言うのは簡単ですがね。
若手メカのY氏。
この困難な作業を先輩メカの知恵を借りながら見事にやり遂げました。
かなりのお時間と費用をちょうだいしてしまいましたが、完ぺきに冷えるようになった
デイムラーのエアコン。
私もご納車に同行したのですが、整備内容をお客様に説明するYメカの表情は
こころなしか誇らしげだったのが印象的でした。
修理をご用命いただいたお客様と、このヘビーな修理を表情一つ変えずたんたんとやり遂げたYメカに感謝申し上げます。

最近の福祉車両整備

福祉車両整備に力を入れている相馬自動車商工です。
福祉車両の整備事例をご紹介いたします。

100系ハイエースの車いすリフト修理の模様です。
この100系ハイエースの車いすリフトは我々の間では”ぐるぐるリフト”と言われております。

モーターがねじ山の切られたシャフトをぐるぐるっと回転させ、シャフトの先に付いている
プラットホーム(車いすを乗せる台)を上げ下げさせる。
というシンプルな作り。
現行200系ハイエースの油圧式リフトとちがってシンプルなのは良いのですが、
プラットホームの動きに沿ってハーネス(配線)も前後、上下に動くため経年の劣化もあって
配線トラブルが発生します。
今回も時々動かなくなるとのご依頼を受けての修理となりました。

とりあえず断線(というか接触不良)箇所を特定し配線をジャンプさせて応急修理を施します。
このおクルマは後日配線交換にて修理完了となりました。
(完成写真は見事に撮り忘れましたが)


↑AZワゴンのスロープ修理の模様です。
AZワゴン(ワゴンR)は折り畳み式のスロープを採用しており、軽い力でパタパタと折りたためるのは良いのですが、実際はこの上を車いす(と施設スタッフさん)が乗り降りするわけですからヒンジ部分にかかる負荷のために時々破損します。
今回は車検でお預りした時に同時に修理を依頼されました。
ヒンジそのものは部品として設定がないためリベット止めのヒンジを取り外して修理しました。



↑電動ウインチが巻き取り不良をおこしたハイゼットスローパーの修理の模様です。
ウインチモーターそのものの不良だと非常に高くつきますが(約6万円くらい)
今回はリミットスイッチの交換で修理完了となりました。




↑このたび看板を手直しさせていただきました。
車のことなら何でもオッケーな相馬自動車商工なのですが、あえて”福祉車両専門店”と言っちゃいます!
福祉車両の代車もあります。福祉車両のレンタカーもあります。
福祉車両の点検、整備、修理、まかせてください。
もちろん福祉車両を販売しています。
(福祉車両は直せる整備工場でお買い求めくださいませ)
たくさんの施設様、個人様、福祉車両をご利用のお客様からのお問い合わせをお待ちしております。