タグ別アーカイブ: 福祉車両

100系ハイエースの車いすリフト点検の模様です。

車いす移動車といえば現行の200系ハイエースというくらい普及が進んでいますが
実は平成16年以前のハイエース(100系)もまだまだ多くの施設様で現役稼働しております。
今回は100系ハイエースの車いすリフト点検の模様をアップします。
普段いじり慣れている200系ハイエースとは少し勝手が違うみたいですが、
そこは福祉車輛協会の技術講習をクリアしたメカニックです。
しっかりと揃っているマニュアルを片手にリフトを取り外しました。

取り外してしまえばやることはあまり変わりません。
定期交換部品ともいえるスライドローラーを交換しました。

スライドローラーのワレ、欠けがありましたので交換しました。

当社では分解、点検、組み付け後の車いすリフトを必ず
人の乗った車いすを使って最終確認しています。
リフトに負荷をかけた状態でリフトの上下とスライドの動きを確認し、
固定装置を作動させてみます。
この100系ハイエースは手動式の固定装置を採用しておりますので、固定用のレバーを押し下げて
実際に車いすを固定するためにワイヤーにテンションをかけてみます。
相馬自動車商工ではハイエースばかりではなく
福祉車輛全般のリフト、スロープ、固定装置の点検整備を承ります。
代車(リフト車2台、軽スロープ車2台)をご用意。
車だけお使いになりたいお客様にもご相談に応じます。
福祉車両レンタカーもあります。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

ひさびさ!サポカー体感会開催中。

約半月 ぶりの開催 です。

本日サポーター体感会を久しぶりに開催中。 体感車両は福祉車両のタントウェルカムシートです 。

65歳以上のお客様のサポカー補助金も始まっております 。サポカーなんぼのもんじゃいというお客様 、ぜひ当社でサポカー体感をしてみませんか?

本日5時まで感染対策をしっかり行って、 お店を開けてお待ちしております。

ハイエース車いすリフト修理の現実

相馬自動車商工は福祉車両整備に力を入れております。
たぶん車いす移動車として介護施設様などでいちばん多く使われているのが現行ハイエース
の車いす移動車です。
現行ハイエースの車いすリフトは上昇下降を油圧ポンプで行い、スライドを電動で行います。
メーカーさんの意向なのでしょうが、上昇下降とスライドの機構を分けてくれたのは、修理する側からすると正解。
故障現象確認、故障原因探求ともやりやすい。いわゆる整備性が良いということになるかと思います。
(もっとも、世の中の車いすリフト車はハイエースとキャラバンがほぼほぼなわけですが)


当社はハイエースのリフト取り外しは慣れたものでありまして、
ここまででで約20分。


プラットホーム(架台)を取り外してリフト側を見たところです。ローラーがご覧いただけるでしょうか。

ローラーを取りはずしました。



ローラーのまわりはプラスチックでおおわれているのですが、
作動をくりかえすうちにほぼ間違いなく割れます。

左 割れて外皮を失ったローラー
右 新品部品


ハイエースの場合
リフトスライド時の異音。
傾いて収納される。などの現象は、このスライドローラーが原因となっていることが多いです。
もうこのローラーは消耗部品だと思って車検または定期点検の時のリフト点検をおススメいたします。
リフト点検と同時に修理の場合工賃も割安に設定させていただいております。

 

最近の福祉車両整備

福祉車両整備に力を入れている相馬自動車商工です。
福祉車両の整備事例をご紹介いたします。

100系ハイエースの車いすリフト修理の模様です。
この100系ハイエースの車いすリフトは我々の間では”ぐるぐるリフト”と言われております。

モーターがねじ山の切られたシャフトをぐるぐるっと回転させ、シャフトの先に付いている
プラットホーム(車いすを乗せる台)を上げ下げさせる。
というシンプルな作り。
現行200系ハイエースの油圧式リフトとちがってシンプルなのは良いのですが、
プラットホームの動きに沿ってハーネス(配線)も前後、上下に動くため経年の劣化もあって
配線トラブルが発生します。
今回も時々動かなくなるとのご依頼を受けての修理となりました。

とりあえず断線(というか接触不良)箇所を特定し配線をジャンプさせて応急修理を施します。
このおクルマは後日配線交換にて修理完了となりました。
(完成写真は見事に撮り忘れましたが)


↑AZワゴンのスロープ修理の模様です。
AZワゴン(ワゴンR)は折り畳み式のスロープを採用しており、軽い力でパタパタと折りたためるのは良いのですが、実際はこの上を車いす(と施設スタッフさん)が乗り降りするわけですからヒンジ部分にかかる負荷のために時々破損します。
今回は車検でお預りした時に同時に修理を依頼されました。
ヒンジそのものは部品として設定がないためリベット止めのヒンジを取り外して修理しました。



↑電動ウインチが巻き取り不良をおこしたハイゼットスローパーの修理の模様です。
ウインチモーターそのものの不良だと非常に高くつきますが(約6万円くらい)
今回はリミットスイッチの交換で修理完了となりました。




↑このたび看板を手直しさせていただきました。
車のことなら何でもオッケーな相馬自動車商工なのですが、あえて”福祉車両専門店”と言っちゃいます!
福祉車両の代車もあります。福祉車両のレンタカーもあります。
福祉車両の点検、整備、修理、まかせてください。
もちろん福祉車両を販売しています。
(福祉車両は直せる整備工場でお買い求めくださいませ)
たくさんの施設様、個人様、福祉車両をご利用のお客様からのお問い合わせをお待ちしております。

 

 

今年も那須野巻狩まつりに参戦しました!

災害続きで各地のイベントが軒並み中止になる中ではありますが、那須塩原市のビッグイベント那須野巻狩まつりは今年も無事開催。
われわれ相馬自動車商工も元気に参戦してまいりましたよ。

今年も相馬自動車商工はダイハツの福祉車両を2台展示。
当社所有のハイゼットスローパーと、栃木ダイハツ様よりお借りしたタントウエルカムシートです。
このピンクのタントは、まさにおろしたて。
ディーラー店舗に展示する前に直送で当社にやってまいりました。
どこよりも早くダイハツの新型福祉車両を展示出来て感激です。

当社ブースには普段見ることのできないウエルカムシートを一目見ようと
長蛇の列が・・・・・・
まあ、それは大げさですけどね。
でもお客様の中にはウエルカムシートの存在すら初めて知った方も大勢いらっしゃいました。
タントの場合センターピラーが残らないミラクルオープンドアと相まって
これ以上望みようがないくらいの乗り降りのしやすさを実現。
軽福祉車両はダイハツがいちばんじゃないかとつくづく思いましたよ。

ウエルカムシートは実演が基本。
スタッフがやってみて、次にお客様にも試していただいて良さを実感していただきました。
ウエルカムシートの場合普通のおクルマとして使うことも十分可能。
”今はぜんぜん平気だけど。将来に備えて”
なんていう選択にもお応えできますよ。

一方こちらは当社所有のハイゼットスローパー。
車いすを載せても4人乗りが可能なのはこの車ならではの魅力かと思います。
車いすを引っ張る電動ウインチが装備されて
施設のスタッフ様の負担を軽減してくれます。
(まあ、写真のように本人が操作するということはないとおもいますが)

いつも巻狩り鍋にありつけないで終わってしまうことが多かったのですが、
今年は周到な準備のおかげで早々にありつくことができました。

ちなみに私は10種類近くあった巻狩り鍋のなかからとん汁鍋をセレクト。
お味は。
この顔にてご判断下さい(笑)

終了間際には小雨も降り出したのですが、何とか無事に那須野巻狩まつりを終了することができました。
今年もたくさんのお客様にお会いできて、
福祉車両をお使いのお客様の生の声をうかがうことができて、
たいへん有意義な時間を過ごせました。
わたしたちも勉強になりました。
ぜひお店の方にも遊びに来てくださいね。
これからも相馬自動車商工は福祉車両メンテナンスや販売に力を注いでまいります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。