タグ別アーカイブ: 作業風景

最近の福祉車両整備をご紹介いたします。

おかげさまでたくさんの施設様から福祉車両整備のご依頼をちょうだいします。
最近では常に何らかの形で福祉車両が入庫しているというのが相馬自動車商工の日常になりました。
今回はそんな日常をちょっとご紹介させていただきます。

E25キャラバンの車いす移動車の整備です。
時々車いすリフトが動かなくなる。というやっかいな故障です。
キャラバンの場合リフトの昇降とスライドをモーターで行っています。
ハイエースに比べると機構は若干複雑です。

”時々”というのがポイントで、現象確認ができないとなかなか故障個所を見つけるのがたいへんです。
今回も配線、テープスイッチその他ウイークポイントになりそうなところは一通り点検したのですが
残念ながら故障現象は再発してくれません。
ただ、整備の副産物と言っては何ですが傷んだローラーを4つ新品交換させていただきました。
言わずもがな、リフトに装着されているのが交換したての新品。地面に横たわっているのが取り外したローラーです。
材質は金属のベアリングにプラスチックの被膜をかぶせたような作りになっているので耐久性はそれなりです。
日々利用者様の送迎に使っているリフト車なら車検ごとの点検交換をおすすめします。
というわけで今回の整備はここまでとさせていただきましたが、14万キロという走行距離を考えると
配線交換をおすすめしても良かったかもしれません。
”故障するかもしれない”というご心配を限りなくゼロに近づけてさしあげるのも当社の仕事ですから。


つづいてこちらもE25キャラバンの修理の模様です。
こちらの故障は”車いす固定装置が外れない”というもの。
施設職員様はたいへん焦ったと思います。
利用者様をだき抱えておりていただいた。とのことでした。
この場合はもちろん固定された車いすごとご入庫。原因はすぐわかりました。

これがキャラバンの固定装置の中身です。
スイッチを操作するとまん中のシャフトがぐるぐると回って
固定ベルトを巻き上げます。
そしてベルトの留め具?がシャフト先端のリミットスイッチに当たると固定が完了します。
今回異物の噛み込みによりリミットスイッチが解除されなくなっていました。


↓本来こういう状態なわけなのですが

↓この留め具というのかベルトを折り返して固定している部品のボルトとカラーがなくなっていました。
異物をかみこませたまま作動をくりかえしていたことが原因でしょうか。

写真を撮っておけばよかったのですが、この固定装置内はそうとう汚れていたみたいです。
きれいに清掃してなくなっていたボルトとカラーを交換して作業終了としました。
また、前側の固定装置も点検させていただきました。


こちらはハイエース。ささくれた車いす固定用のワイヤーを交換しております。

車いす固定装置に限らずワイヤーはほつれ始めるとたちまち限界をむかえます。
今回は施設の職員様が気づいて当社に固定装置のワイヤー交換のお問い合わせをいただきました。

↑こんな感じで巻き取りゼンマイを外して


↑ささくれたワイヤーを取り出して

先端にフックが付いた新品に交換します。

実はこの辺の作業は当社メカニックは慣れたもの。
しかも当社では200系ハイエースの車いすリフトのこういった消耗部品は常時在庫しております。
今回も部品待ちを発生させることなく一日で作業完了。
最後に人が乘った車いすを実際に固定して作動確認。作動に問題ないことを確認の上ご納車させていただきました。

相馬自動車商工では施設様個人様のご要望におこたえするため、車いすリフト車3台。軽スロープ車2台。ウエルカムシート車1台。合計5台の福祉車両代車をご用意しております。
車いすリフト、スロープ、固定装置などの作動がおかしい時は放置せずにぜひご相談くださいませ。
迅速なご対応をお約束いたします。

 

輸入車祭り?

おかげさまでたくさんの輸入車ユーザー様にご入庫いただいて
おります。輸入車の場合整備情報やマニュアルが開示されてないケースも多く部品一つ調べるにも結構時間がかかったりしますが、当社を頼ってくれるお客様のお役にたてればという心意気で頑張ってまいります。
輸入車整備もお気軽にお問い合わせくださいませ。
というわけで、相馬自動車商工のとある日常。
こんなおクルマにご入庫いただきました。

向こう側に見えてるのはダッジチャージャー。車検と冷却水漏れでのご入庫。
手前はBMW Z4。ブレーキ関係の整備でのご入庫です。

ゴルフですね。
以前お買い上げおクルマでもご紹介したゴルフが車検でご入庫です。
ありがとうございます。

手前はマスタング。充電系トラブルでのご入庫。
奥は以前当社で極上中古車としてお買い上げいただいたプジョー406クーペ。
定期点検と冷却水漏れの修理などでのご入庫。

ポロです。こちらも充電系の整備でご入庫。

ボルボS60。チェックランプ点灯。スピードセンサーが原因みたいです。

ルノーカングー。
車検とタイミングベルト交換でのご入庫。

BMW323。ダイアグチェックと異音修理でのご入庫。

MINIクーパーSクラブマン。右側にだけ観音開きのドアがある独特のレイアウト。
こちらも冷却系のトラブルでご入庫です。


ある意味このおクルマが究極かも。
立派なクラシックカーです。ロータスエラン。
製造年は1966年!
後退灯がありませんがこれで当時の保安基準に適合。
車検整備でのご入庫です。

ハイエース車いす移動車リフトモーター修理

ちょっと前の修理レポートですがご覧ください。

相馬自動車商工では割と見慣れた感があるハイエースの車いすリフト修理の光景ですが
今回はちょっとだけ毛色の変わった故障が舞い込んできました。
実はハイエースの車いす移動車の場合リフトが上下しないという故障はあまりありません。
あるとすればカールコードの付いたペンダントスイッチ部分の断線とかが多いです。
今回の故障はずばりリフトがスライドしないという故障です。
この故障は比較的多いです。でもたいていはリフトが傾きながらスライドするとか
異音がしながらスライドするとか、そういった故障が多いです。
でもこのおクルマの場合は完全にスライドしない。上がったまま中に引き込まれないという故障です。

例によってリフトを取り外し、リフトのスライドモーターそのものを取り外して単体で点検します。


わかる人にはわかる。
別にリフトモーターじゃなくてもモーターの仕組み上おこりうる故障ではないでしょうか。

見事にモーターのブラシが減ってます。
これだとモーターのコイルに電流を流すことができませんね。
終わってみれば一般のお車のパワーウインドウの故障とかと同じ修理なのですが
このモーターが故障すると現場での応急処置はなかなか難しいです。
相馬自動車商工ではハイエースとキャラバンの車いす移動車の代車をご用意して
不意の車いすリフトなどの故障に備えております。
緊急時はぜひお電話ください。

かなりヘビーなデイムラーダブルシックのスエアコン修理。

たぶん当社のメカの誰もが経験したことのないであろうヘビーな修理を
当社いちばんの若手メカが見事にやり遂げましたのでご紹介させていただきます。
患者(患車?)様はこちらのおクルマ。
1995年(平成7年)式のデイムラーダブルシックス。
美しすぎるシルエットの名車です。
当社にご来店のお客様にもこのエレガンスなたたずまいに
”これ、いいよねぇ”とか”ぴかぴかじゃん”とか”いくらですか?”
とかため息まじりの感想をたくさんいただきました。
もちろんお客様からのお預り車ですからしっかり修理してお返しするのが
われわれの役目。
今回この大役をおおせつかったのは当社いちばんの若手メカ若干24歳のY氏。
当社入社後講習に通って整備士免許を取得したというたたきあげです。

症状はシンプルに”エアコンが効かない”
たしかに効きません。
コンプレッサーの故障とかコントローラーの故障というよりは、エアコンガスそのものが循環
していないみたいです。

ガスを足して様子見てください。なんていう小手先じゃなおりません。

高圧パイプが詰まってるんですよ。
まずはパイプを外して、出てきた物体はこのつぶつぶ。
そう、これは古い車のエアコンでいちばん悪さをするパターンの、あのレシーバータンクのなかの
活性炭。本来湿気を含んだエアコンガスの湿気をとるためのものなのですが、
経年によりバラバラの粒になってエアコン配管の中にでてきて配管を詰まらせてしまいます。
これは始末が悪い。
じつはわれわれも自動車電装店に外注を試みたのですがお断りされてしまい、腹をくくりました。
詰まっている高圧パイプは取り外して交換します。
つぶつぶがまわってしまった室内側の熱交換器エバポレーターも交換します。
室外側の熱交換器コンデンサーも交換。レシーバータンクももちろん交換。
そして肝心の高圧パイプも・・・・・・。
なんと高圧パイプは生産中止。
しかし懇意にしている部品商様からの情報提供により高圧パイプを作っていただきました。
これは助かった!

エレガントなインテリアをバラバラに・・・・・・。

こうしないとエバポレーターは外れません。


さらにバラします。

もはや元に戻らん・・・・・・
なんてことはありませんのでご安心を。

ついにたどり着いたエアコンのクーリングユニット。
この奥に肝心のエバポレーターが・・・・・・。

ついにエバポレーターにたどり着きました。
左側、パイプが2本付いている部品がエバポレーターです。

元通りに組み立ててエアコンガスを入れて完成!
って私なんかが言うのは簡単ですがね。
若手メカのY氏。
この困難な作業を先輩メカの知恵を借りながら見事にやり遂げました。
かなりのお時間と費用をちょうだいしてしまいましたが、完ぺきに冷えるようになった
デイムラーのエアコン。
私もご納車に同行したのですが、整備内容をお客様に説明するYメカの表情は
こころなしか誇らしげだったのが印象的でした。
修理をご用命いただいたお客様と、このヘビーな修理を表情一つ変えずたんたんとやり遂げたYメカに感謝申し上げます。

100系ハイエースの車いすリフト点検の模様です。

車いす移動車といえば現行の200系ハイエースというくらい普及が進んでいますが
実は平成16年以前のハイエース(100系)もまだまだ多くの施設様で現役稼働しております。
今回は100系ハイエースの車いすリフト点検の模様をアップします。
普段いじり慣れている200系ハイエースとは少し勝手が違うみたいですが、
そこは福祉車輛協会の技術講習をクリアしたメカニックです。
しっかりと揃っているマニュアルを片手にリフトを取り外しました。

取り外してしまえばやることはあまり変わりません。
定期交換部品ともいえるスライドローラーを交換しました。

スライドローラーのワレ、欠けがありましたので交換しました。

当社では分解、点検、組み付け後の車いすリフトを必ず
人の乗った車いすを使って最終確認しています。
リフトに負荷をかけた状態でリフトの上下とスライドの動きを確認し、
固定装置を作動させてみます。
この100系ハイエースは手動式の固定装置を採用しておりますので、固定用のレバーを押し下げて
実際に車いすを固定するためにワイヤーにテンションをかけてみます。
相馬自動車商工ではハイエースばかりではなく
福祉車輛全般のリフト、スロープ、固定装置の点検整備を承ります。
代車(リフト車2台、軽スロープ車2台)をご用意。
車だけお使いになりたいお客様にもご相談に応じます。
福祉車両レンタカーもあります。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

ハイエース車いすリフト修理の現実

相馬自動車商工は福祉車両整備に力を入れております。
たぶん車いす移動車として介護施設様などでいちばん多く使われているのが現行ハイエース
の車いす移動車です。
現行ハイエースの車いすリフトは上昇下降を油圧ポンプで行い、スライドを電動で行います。
メーカーさんの意向なのでしょうが、上昇下降とスライドの機構を分けてくれたのは、修理する側からすると正解。
故障現象確認、故障原因探求ともやりやすい。いわゆる整備性が良いということになるかと思います。
(もっとも、世の中の車いすリフト車はハイエースとキャラバンがほぼほぼなわけですが)


当社はハイエースのリフト取り外しは慣れたものでありまして、
ここまででで約20分。


プラットホーム(架台)を取り外してリフト側を見たところです。ローラーがご覧いただけるでしょうか。

ローラーを取りはずしました。



ローラーのまわりはプラスチックでおおわれているのですが、
作動をくりかえすうちにほぼ間違いなく割れます。

左 割れて外皮を失ったローラー
右 新品部品


ハイエースの場合
リフトスライド時の異音。
傾いて収納される。などの現象は、このスライドローラーが原因となっていることが多いです。
もうこのローラーは消耗部品だと思って車検または定期点検の時のリフト点検をおススメいたします。
リフト点検と同時に修理の場合工賃も割安に設定させていただいております。

 

相馬自動車商工の古いアルバムより。

本日私も不要不急の外出を控えて家にこもっております。
本日は新しいネタではなく、機会を見つけてアップしようと思っていた記事を書きますね。
最新情報というよりは暇つぶしにご覧ください。

いつごろの写真かはわかりませんが、もしかすると昭和40年代かも。当社のサービスカーなつかしのサニートラックです。
”車検8時間”というのは早い話が1日車検のことをアピールしてます。
今では8時間どころか45分とか30分とか超短時間車検をアピールする事業所も増えてまいりました。
当時指定工場(民間車検場)を取得したのをきっかけにこの”車検8時間”をはじめたみたいですが、お車のお引取りから車検整備、完成検査、ご納車までを8時間で完了させるというのはそれなりにインパクトがあったらしいです。
スパナを持ったサービスマンのキャラクター、名前があったのか知りませんが、今の当社のキャラクター
スパナをくわえたハムスターと通じるものがないでしょうか?

↑ちなみにこの子の名前は”なおまくん”一般には公表してませんがちゃんと名前はあるのですよ(笑)


↑つい3年位前まで現役だった洗車リフトです。
下回り洗車されている車は、何ですかね。コロナマーク2のようにもケンメリスカイラインクーペのようにも
みえますけど。とにかくその時代の写真です。
当時はこれがあたりまえだったのでしょうけど、現在のドライブオンタイプの洗車リフトに慣れた身には
ちょっと使いにくいかな。ちなみにトラック関係の下回り洗車用でしたらこのリフトは無敵でした。

下回りすっきり。
現在の下回り洗車用リフトです。ただしトラック用としては向きません。
これでトラックの下回りを洗うときにはちょっとした裏技が必要。

いまでも一生懸命お車を販売しているつもりではありますが、
昭和50年代でしょうか。
ずらっと並んだ日産バイオレット(知ってますか?)の軍団は
全部まとめて当社でご購入いただいたそうです。
そのときのスナップがこちらです。10台くらいあるでしょうか。
当時は相馬自動車商工リース部というものが存在して、実際に自社で企画したメンテ付きリースを販売していました。
ちなみに当時は日産の販売協力店をやっておりまして、昔からのお客様は今でも”日産車の相馬自動車商工”というイメージをお持ちみたいです。

昭和50年代後半と思います。
”マーチ”と書いたタペストリーが飾られてますが、これはまさしく日産から初めてマーチという車が
発売されたときのものだと思います。
コカコーラの販売機はなんとビン用なのにも注目。
ちなみにマーチという車名は公募で決められたことを覚えていらっしゃる方はいますか?
採用されたらこの車(マーチ)がもらえるという。
実は当時高校生だった私は”日産デュエット”という名前でこのキャンペーンに応募したのですよ。
(事実です。)
絶対に採用されるという意味のない自信があったのですが、見事に不採用。
あとあとになって平成10年ころトヨタからデュエットという車が発売されましたが、妙に恥ずかしかったです。
もう時効でしょうから掲載しちゃいますが、当時の事故写真。
(保険事故のとき損害調査用に撮る写真)
今でも旧車雑誌によく出てくるたて目グロリアです。
しかしナンバーを良く見ると”栃4”。
そうです、グロリアバンなんですね、この車。
となりに見えてるケースに入ったコーラのあきびんと、後ろに写っているブリヂストンのサービスカー
(パブリカバンでしょうか)
も、なんかもう涙がるくらい”当時”です。
このレベルになると懐かしいとかそういう記憶はさすがにないですね。

最後にこの写真がほんとに究極の一枚だとおもいます。
建設中の相馬自動車商工を写した一枚です。
実はこの工場を建設する前から相馬自動車商工は木造工場と砂利駐車場として存在し、住み込みの従業員が3人くらいいたみたいなのですが、こうなるともう”三丁目の夕日”の世界でありまして、
私なんぞは形にもなってなかった時代です。
でもって、だっこされてるのが現社長(笑)。だっこしてるのは会長。ではなく会長のお父さん
私のおじいちゃんです。
子供だっこしてカメラ向けられていてもタバコは放さない。時代だったとしか言いようがありませんが
とにかくヘビースモーカーだったのはよく覚えてます。

ということで、相馬自動車商工の長い歴史をちょっとだけ振り返ってみました。
写真は会長が引退するときに無造作にそれこそ”ほらよ”っていうかんじで手渡されたものです。
すごく個人的にですが、昔は良かったけど、今もすっごく良いと思っているし、
私には明るい未来しか見えてません。と宣言しておきます。
今後も相馬自動車商工をどうぞよろしくお願いいたします。
明日は通常とおり営業しますよ!

 

 

洗車機完全復活のお知らせ。


お得な洗車券も好評発売中!
よろしくお願いいたします。

8月は福祉車輛整備強化月間!

ていうか、一年中力入れてるんですけどね。
ではあらためて相馬自動車商工は福祉車輛整備に力、いれてますよ。
例えば


これ、タントスローパーの車いす固定装置のワイヤーがささくれたので交換してるの図です。


こちらはハイエース車いす移動車のオートステップを交換しているの図です。
路肩にステップを接触させてしまったせいでステップ駆動用のギヤが欠けちゃってます。

こんな具合で福祉車輛のメンテナンス、おまかせください。
車種は問いませんし、リフト、スロープ、サイドリフトアップシートなどの修理も行います。
車種はハイエース、キャラバン、その他なんでも対応いたします。
さらに
代車のご用意もあります。
レジアスエース車いす移動車1台、タントスローパー1台

↑看板もあります(笑)
実は
福祉車輛整備強化月間は一年中続きます。
福祉車輛整備でお困りの施設様、個人様
リフトを点検したいけど代車がない!とお嘆きのお客様、
見てくれる業者がなくて。とお困りのみなさま、
引き受けちゃったけど直し方がわからん!という同業者様
どぞ、お気軽にお問い合わせくださいませ。
矢板くらいまでなら喜んで引き取りにおうかがいいたします。

コペンのパワードアセンサー交換。

ひさびさに硬派な修理ネタを展開させていただきます。
実は先日相馬自動車商工のデモカーのコペンのトランクが開かなくなるという事態が発生。
コペンのトランクはトランクと言いましてもアクティブトップの屋根をしまう場所を兼ねておりまして
スイッチひとつで屋根をフルオープンできるのですが、動きは非常に複雑です。
もちろん普段は屋根を閉めて走っているので、トランクはけっこうなひろさの荷物室として重宝しています。開閉はスイッチ一つの電磁ロック式。
しかし、これが突然開かなくなったら。冷や汗どころの騒ぎではありません。
で、実はそれが現実になったのですよ。
冷や汗、もちろんかきましたよ。しかも中に大事な○○を入れたまま。
壊して開けるしかないか。とか思いましたよ。マジで。
原因は、これ。

ここについてるパワードアセンサー。
この場所って、実はトランクを開けた時に雨水がかかりやすい場所でもあるのです。
これが誤作動をおこしてくれたおかげでセンサーはトランク”開き”の信号を出し、
結果開いてるという認識のコンピューターはトランクドアロックを開放しません。
ダイハツのフィールドマン(栃木ダイハツのサービス支援担当スタッフ)様の
おかげでトランクを強制開放していただきましたが、これじゃ怖くて何にも入れられません。
というわけで、フィールドマンの方のおススメにしたがってパワードアセンサーを
交換しました。

どうも構造的にトランクを開けるときにトランクリッドにたまった雨水がトランク内部に
流れ込みやすいみたいです。

・・・・・・というわけで、元気になったコペンにさっそく試乗していただいましたよ。

どーです?この笑顔。

写真を撮らせていただいてる私たちも幸せな気分になりますよ。
コペンに乗ると幸せになりますよ。
幸せになりたい人は、どぞ、相馬自動車商工でコペンに乗ってみましょう!

(写真の掲載許可はいただいております)