栃木県那須塩原市の自動車修理整備業、相馬自動車商工のホームページへようこそ!
相馬自動車商工はこれからも栃木県那須塩原の皆さんの豊かなカーライフを応援してまいります。

ダイハツコペンセロをお買い上げいただきました。

2016.02.11

FB_IMG_1455181320831ご納車、おめでとうございます!
今日は待ちに待ったコペンセロ納車の日。
10月にご注文いただきましてから、本当に長い間おまたせしました。
20160202_085524
出るぞ出るぞと言われ続けたコペン第3のモデル。それがこのコペンセロです。
20160202_085546
初代コペンのアイデンティティをしっかり受け継いだこのまるいヘッドライト。
20160202_085643
テールランプもまるです。
20160202_085709
この”ブリティッシュグリーンマイカ”というボディカラーはセロの専用色。
ローブとエクスプレイにこのボディカラーはありません。
20160202_085558
赤いシートとトリム。
これは”レッドインテリアパック”といってセロだけ選べるメーカーオプション。
シックなグリーンのボディに鮮やかな赤い内装が映えます。
いつもルーフをオープンして中を見せておきたくなります。
20160202_085609
当社で販売した新型コペンでは初の5速マニュアル。
(初といっても自分のを含めても3台目ですが。)
ちょっと動かしてみたのですが、シフトの感触はコキコキと、すごく気持ちいいです。
ちなみにこちらのお客様はオプションのアルミシフトノブを装着されました。
20160202_085514
わたしもつけようかな?のフュエルリッドガーニッシュ。
20160201_090504
バックカメラ装着のためにリヤバンパーを外したところ。
ちなみにセロとローブのテールランプとリヤバンパーはローブにも装着可能。
リヤだけ丸目の”セローブ”を作り上げることもできちゃいます。
20160202_085443_001
20160202_085507
当社の試乗車兼わたしの愛車、トニコオレンジのコペンローブとのお約束2ショット。
丸目が特徴のセロに対してローブの特徴はヘッドライトとテールランプ下のイルミネーション。
私的には”タレ”と呼んでおります。
20160202_101538
20160202_101630
偶然入庫していた初代コペンとの2ショット。
前から見ても後ろから見てもおーんなじ。な初代に対して、空力を考えてスポイラー状に
持ち上げられたトランクリッドの端っこがセロの特徴です。
20160202_160906
もはやネオクラシックの領域に入り込んだ感のあるニッサンフィガロとの2ショット。
20160202_160913
発売から25年も経過したフィガロですが、スポーツカーの普遍的なデザインを上手に
リッターカーに落とし込んだというか。色あせない魅力をもったデザインです。
セロは現代のスポーツカーらしく
プロジェクタータイプのロービームとウインカーをヘッドライトの中に仕込んで
なんかクルマがこちらに話しかけたそうにしている表情を上手に作っています。received_583245201825979
最後はオーナー様とわたしとセロの3ショット。
長い間、ほんとに長い間セロのご納車を心待ちにしていてくださいました。
”みんから”やコペンクラブのサイトにも登録されてコペンライフを楽しんでいらっしゃいます。
お買い上げありがとうございました。
暖かくなったらぜひセロとローブを連ねてのツーリングに行きましょう!




トヨタノアハイブリッドをお買い上げいただきました。

2016.02.07

 みんなのミニバン、トヨタノアハイブリッドをお買い上げいただきました。
3列目シートまでしっかり使えて、荷物も運べて。
アルヴェル(アルファード、ヴェルファイア)のような押しの強さはないけれど
毎日の暮らしにしっかり寄り添う”普段着のミニバン”です。
20160130_093736
ちょっと写真が暗いのが申し訳ないのですが、ボディカラーはダークシェリーマイカメタリック。
光の当たり方によって茶系にもゴールドにも、そして紫がかっても見えるという不思議なボディカラー。素敵です。
20160130_093659
この80型になって、ノアVOXYにもハイブリッドが設定されました。
総重量2トンを超えるボディですが、リッター23キロの低燃費で走らせます。
20160130_093747
新型ステップワゴンのような縦にも横にもひらくバックドアはありませんが
大きく上に開く一枚ドアのバックドアはヒサシの役割にもなりますので
荷物の出し入れにはすごく便利です。
20160130_093728
お客様(女性。2児のお母様)のご感想
”前に乗っていた某ホ〇ダのミニバンより一回りコンパクトで運転が楽です。”
ご主人名義でお買い上げいただいたのですが、じっさいにお子様の送り迎えやら
毎日の足として運転するのは奥様。
このパターンは実は非常に多いです。
大昔のマークツー3兄弟ではありませんが、いまのトヨタにはノア、VOXY、エスクァイアという
ノア3兄弟とでもいうべき5ナンバーミニバン3兄弟が存在します。
傍目には単に販売チャネルで分けてるだけのようにも見えますが、
VOXYは、ママよりむしろパパ寄りの”男のミニバン”路線。
エスクァイアはちょっとかしこまった”高級ミニバン”路線。
そして、もっともカジュアルで”普段使い”寄り。
スタンダード路線ど真ん中なのがこのノアではないでしょうか?
”ミニバン”というと、クルマ好きのお父さんが我慢をしいられつつ買うクルマというイメージがありますが、そんなことはないんですよね。
子供が成長した時、何の車でお出かけしたかは忘れても、どこへだれとお出かけしたかは
忘れない。これって、クルマ好きなお父さんにとってもステキなことですよね。

お買い上げありがとうございました。
ハイブリッドの点検整備もどうぞ相馬自動車商工におまかせください。






トヨタクラウンハイブリッドをお買い上げいただきました。

2016.02.06

トヨタクラウンハイブリッドをお買い上げいただきました。
180クラウンからのお乗り替えです。
オーナー様は180クラウンの前も150クラウンのオーナー。
3台続けてクラウンを乗り継いでこられました。
”いつかは”じゃなくて、”いつも”クラウン。
これって、オーナー様にとっても車にとっても、メーカーにとっても
すっごく幸せなことじゃないでしょうか?
もちろんいいクルマはクラウン以外にもたくさんあるわけで、
でも決してレ〇サスやらベ〇ツに浮気することなく
日本が世界に誇る上級スタンダード。ザ・クラウンを選び続ける。
オーナー様にとっての”クルマ”は、イコール”クラウン”であるわけです。
20151209_121224
あこがれを形にしたら、こうなりました。の、堂々とりりしいフロントマスク。
20151209_121151
追いかけたくなるテール。
20151209_121234
のびのびとした頼りがいのあるプロポーション。↑↓
20151209_121210
グレードは”ハイブリッドロイヤル”
20151209_121317 20151209_121304 20151209_121253_001
”クラウンとか、普段軽に乗ってるおまえの守備範囲じゃねーだろ?”
って、そんなことはありません。
ためしにわたしのようなものが乗っても借りてきたスーツみたいにならないのがクラウンの不思議で懐が深いところ。ほんとだよ。
わたしですか?もちろん欲しいですよ。買えないけど(笑)。

今回はお客様としてはもちろん、経営者の先輩としても尊敬する某社の社長様に
お買い上げいただきました。
クラウンを何台も乗り継いでこられたお客様の方がわたしよりよほどクラウンの魅力をご存知だと思います。
まぎれもなくクラウンは日本の名車です。お買い上げありがとうございました。




スズキKeiターボチャージャー交換。

2016.02.05

修理ネタは久しぶり。
わたし、これぞというネタを求めて工場を右往左往してるんですがね。
で、久しぶりにいいもの見つけちゃいました。
20160114_163245
バンパーを外されたスズキkeiターボを発見。
バンパーを外すとスズキkeiは”怒れるロボット”顔なんですね。
とかそんなことはどうでもいいとして、問題はこれ。
20160114_163155
ターボチャージャー。
軽自動車のターボは、とってもカワイイ。
こんな風車みたいなのが吸気と排気の間でくるくる回ってるなんて、なんか愛しくなりませんか。
・・・・・・って、なんかおかしい?いや、マジでおかしいんですよ、これ。
20160114_163209
ここのところを指で回すと、くるくるというよりも、がたがたと回ります。
まあ、交換しているんですからおかしいに決まってるんですが、
ターボの羽が、ものすごく痩せちゃってるのがお分かりでしょうか?
ちなみに正常な状態のターボはこんな感じです。
20160114_163127
いうなれば、オイル管理を怠ったためにターボチャージャーの軸が半焼き付き状態になり
ターボの軸は偏心して回転し、ハウジングに接触し、結果ターボの羽が削れて痩せちゃった。
というあんばいです。
こうなると、まともに過給しませんから当然のごとくパワーダウンをまねきますし、偏心したターボの軸とオイルシールのすきまからオイルを吸い込みますので空ぶかしするたびにものすごい
白煙を吹きます。
”2ストか?”なんて喜んでいる場合ではありません。
ていうか、私的にもまったく喜んでいられません。
20160114_163401
実はこのおクルマ再販しようと思って下取りさせていただいたのですが、
ご覧のとおりあまりにあんまりな状態のために再販を断念(:_;)
中古ターボに付け替えて代車としての人生を歩んでいただくこととなりました。
私は悲しかったですが、ターボ交換によって生き返ったこのkeiと、そしてなによりも
自動車整備の現場から失われつつある”メカいじり”の醍醐味を実感しつつ
修理してくれた当社渡辺メカは、たいへんたいへん嬉しそうでした。
ということで(?)
若者よ、メカいじりはいいよ。自動車整備はおもしろいよ!
現場からは以上です(笑)

 

”ヒノノヨントン”をお買い上げいただきました。

2016.01.10

ヒノといえば”トントントントンヒノノニトン”のCMが有名ですが、
”ニトン”ならぬ”ヒノノヨントン”(日野の4トントラック)をお買い上げいただきました。
20160106_095625
ひたいに汗して働くクルマは美しい。
ご納車したてのぴかぴかの一台。この姿に結構萌える人はいらっしゃるのでは?
20160106_103627
このおクルマで最もメカ好きを萌えさせるであろう装備がこのタダノ製油圧クレーン。
2.93トン吊りタダノ360シリーズ!と言っても、(わたしを含め)わかる方は
そうはいらっしゃらないでしょう。
アウトリガ(クレーンを持ち上げた時にボディが転倒しないように踏ん張る足)
の上昇下降、左右への張り出しはすべてラジコンで行えます。
もちろん盗難防止装置付きですので
パスワードロックをかければアウトリガを戻すことが出来なくなります。
(つまり走行できないということです)
20160106_103710_001
たくましい4段ブーム。フックインはもちろん標準装備。
ブームを伸ばしても吊り荷の高さを変えずに吊り荷を平行移動させたり。
といった芸達者な電子制御式の最新型クレーンです。
20160106_105404
さらに萌えるのがこのセルフクレーン仕様。
荷台を傾けて重機の載せおろしなどに使います。
20160106_105359
20160106_103810
今回できるだけ積載量を稼ぎたい。というご要望を受けまして
アルミホイールを装備させていただきました。
総重量を減らして積載量を稼ぐためです。
20160106_103742 20160106_103749_001
グリルにかがやくヒノのエンブレム。
新長期排出ガス規制へ適合させるために日野自動車では尿素水を使わない方式を
採用しております。
尿素水を給水する手間もかかりませんし、尿素水タンクをもたないため車両重量の増加を抑えることができます。
実はこのことが今回お客様がヒノノヨントンをお選びになる最大の決め手となりました。
わかっちゃいるけど手間を増やしたくない。これ、重要ですよね。

ところでなんで”ヒノノヨントン”なのか。と申しますと、4トンシャシをベースに
しているからなんですね。
4トンシャシをベースにクレーンをつけて重機運搬用に荷台を架装して
何んとか2トン以上の積載を確保できないか。というご要望に応えることが出来ました。
って、えらそうに書いてますが、正直今回は自分も勉強させていただいたというのが
本当のところです。
トラックの架装は、ほんとの意味で、お客様のご要望を聞いて一からクルマを作り上げる
作業そのものでした。
お買い上げありがとうございました。
機能満載のクレーンは、使いこなすのにちょっと慣れが必要かも。
でも、この”ヒノノヨントン”はかならずや力強いビジネスの戦力になってくれるものと確信しております。
なお、今回トラック架装についていろいろ教えてくださった栃木日野自動車様にもこころより感謝いたします。

ダイハツ大初夢フェア、開催中!

2016.01.08

年明け早々ダイハツ大初夢フェアが始まってますよ!
20160107_112916 20160108_125352
いーね。いーね。
今年の大初夢フェアの主役はマイナーチェンジしたばかりのタントでしょうか?
ダイハツテントの下でふんぞりかえったレクサスグリルのニュータントカスタム。
イカスでしょ?
こわもての顔して実は家族想い。
軽自動車界の愛すべきソフトヤンキーといったところでしょうか?
20160108_074357
あ、もちろんステキなご来場記念品をご用意。
大初夢フェアこうれいのお菓子ボックスです。
一昨年はミライース、去年はムーヴ。そして今年はタントのお菓子ボックスがお見え。
ご来場のお客様にもれなく差し上げております。
なお、今年のお菓子ボックスは、ひとあじ違います。
お菓子ボックスについているIDをスマホで読み取って、豪華グルメプレゼントにチャレンジしてください。
春からおいしい大初夢フェア。こない理由がみあたりませんよ。
20160108_074312
もちろんフェア期間中にダイハツ新車をご成約のお客様には
ダイハツロゴ入りグルメカタログをプレゼント。
ダイハツ新車を買って、おなかもいっぱいにしてくださいね。
20160108_074406_001
もちろん初売り限定の純正用品プレゼントもございます。
さらに
タント、ウエイク、キャスト、ムーヴをお買い上げのお客様は
あの8インチメモリーナビが54000円でつけられちゃうぶっ飛び企画もご用意。
お気に入りの一台をじっくり選んで、えいやっと決めちゃいましょう!
20160108_094539
相馬自動車商工の大初夢フェアは、このまっかなダイハツテントが目じるし。
フェア開催は1月11日(月祝)まで!土日祝日もぶっ通しで開催いたします。
ご近所、お友達、彼氏彼女さまをお誘いあわせのうえ
どうぞご来場くださいませ。
なお、9日(土)~11日(月祝)までは朝8時より夕方5時までの開催となります。



 

昨年末にお買い上げいただいたおクルマを一挙ご紹介!

2016.01.02

あけましておめでとうございます。
昨年末にばたばたとご納車させていただいたおクルマを一挙にご紹介させていただきます。
ご紹介が遅くなって大変恐縮ですが、どうぞお楽しみくださいませ。
20151225_143330
スズキkeiをお買い上げいただきました。
すでに絶版となっているおクルマですが、お客様のご希望はkeiのターボ4WD。
これだけご希望がはっきりしていれば、がんばって中古車の海にとびこんで
最高の一台をお探しするしかありません。
覚悟をもって、えいやっと探してきたのがこの一台です。
20151225_143304
程度抜群と言って差し支えないと思います。
20151225_143257
20151225_143337
間違いなく”こだわりの一台”に違いありません。
”中古車をお探しする。”イコール”値段と程度のバランスのとれた一台をご提案する”
ということではありませんよ。
思いっきり程度にこだわった一台を探すのは、はっきり言って、”楽しかったー”
お客様にはきっとご満足頂いたと自負しております。
お買い上げありがとうございました。

続いて
20151228_134939
いやぁ、お客様そんなに恐縮しないでくださいませ(笑)
年末ぎりぎりのご納車になってしまって、こちらこそ恐縮です。
ダイハツハイゼットカーゴをお買い上げいただきました。
20151228_134933
こちらもお客様のこだわりの中古車リクエストにお応えして中古車の海から
釣り上げてまいりました。
2台連続のこだわりリクエストのおかげで私は風邪ひきそうです(笑)
グレードはこだわりのハイグレード。
ハイゼットカーゴクルーズターボ4WDであります。
たまたまですけど、ハイゼットカーゴでは上級のグレードしか設定されてない
ブラックのボディカラーも気に入っていただいて、しかも面出しでのブログ登場も
ご承諾いただいて、私はもうお客様に足を向けて寝れません。
お買い上げありがとうございました。

最後にもう一台
20151229_073958
こちらはまっさらな新車です。
ホンダフィット13G_Fパッケージをお買い上げいただきました。
売れに売れているフィットですが、こちらのお客様にもゆずれないこだわりポイントがあります。
それがこれ
20151229_074606
20151229_074545
こだわりポイントは、メーカーオプションの”あんしんパッケージ”
時速30キロ以下での前方障害物との衝突を自動ブレーキで回避する
シティブレーキアクティブシステムとサイドエアバッグのペアで、お客様の事故をとことん回避。
避けられない衝突時にもお客様を最大限お守りします。
はっきり言って、標準装備にしても良いくらいの”あんしんパッケージ”
どんなお客様にも私はお勧めしたいと思いますよ。
20151229_074019_001
20151229_074036
空気を切り裂く超ウエッジシェイプのボディは
つんのめりそうなスピード感を感じさせる生きのいいデザイン。
三連の丸目メーターの中にデジタル表示をあしらったハイブリッドメーターにも
私は良い意味ですっごくホンダらしさを感じます。
なんというか、ベーシックカーにもホンダの”今”をめいっぱい詰め込んだのは
ホンダの良心ではないでしょうか?
お買い上げありがとうございました。
こちらも年末ぎりぎりのご納車になってしまいましたが、お正月の街をすいすいと走らせて
いただいてますでしょうか?

以上掲載が遅くなったのをお詫びしつつ
お買い上げいただいたおクルマをご紹介させていただきました。
今年も相馬自動車商工は新車中古車問わずお客様のご希望のおクルマをお探しいたします。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。




ダイハツ大初夢フェアのお知らせ。

2016.01.01

明けましておめでとうございます。
昨年中は当社をご愛顧いただきありがとうございました。
今年も相馬自動車商工をどうぞよろしくお願いいたします。

相馬自動車商工は今年もしょっぱなから飛ばしてまいりますよー(^^♪
まずは初売り!ということでダイハツ”大初夢フェア”のお知らせです。


実物のDMがお手元に届いたお客様もいらっしゃるかと思います。
相馬自動車商工ではキャストアクティバ、キャストスタイル、ウェイク、コペンの常設展示車
に加えましてマイナーチェンジしたばかりのタントとタントカスタムを導入。
魅力のダイハツエコカーを多数取りそろえてお客様のご来店をお待ちしております。
20151217初夢フェアDM
ご来場のお客様には、グリコのお菓子詰め合わせ。
ここでしか手に入らない”タントボックス”をプレゼント。
タントボックスについているIDから豪華グルメプレゼントにも応募できます。
ご来場するだけでダブルチャンス到来!
ご来場しない理由が見当たりません。

フェア期間中にダイハツ新車ご成約のお客様には
ダイハツオリジナル”グルメカタログ”プレゼント。
買ってうれしい。もらっておいしい。ダイハツならではのオリジナル企画です。
さらに、イース、ココア、コンテ、コペン、ミラ、ハイゼット(カーゴまたはトラック)
をご成約のお客様には純正用品5.4万円分プレゼント。
タント、ムーヴ、ウェイク、キャストをお買い上げのお客様には
純正用品5.4万円分プレゼント。または8インチメモリーナビを5.4万円でご提供。
これって、すごくないですか?

ダイハツの大初夢フェアに来て
もらって、もらって、買って、もらって。
とんでもなくすごい1年にしませんか?

ダイハツ大初夢フェアは平成28年1月5日(火)〜1月11日(月・祝)までのロングラン開催!
土日も祝日も関係なくぶっ続けで開催いたします。
たくさんのお客様のご来場をお待ちしております。




 

 

リーフは今。

2015.12.20

みなさん覚えてますか?
今をさかのぼること5年前。
ニッサン初の量産EVとしてデビューした、あの”リーフ”のことを・・・・・・。
相馬自動車商工ではほぼリーフのデビューと同時にこの最先端のエコカーを
導入。たくさんのみなさんにご試乗いただきました。
プリント
たとえばこんなDMをみなさんに送ったりしてね。

あれから5年。
最近ではすっかりブログのネタになることもなくなった、あのリーフは、
どうしてるのでしょうか?

こうしてます(笑)↓
20151110_214758
外出先で充電です。
リーフ導入から5年。町のあちこちに急速充電設備も増え、電気自動車で
どこにお出かけするのも便利な時代になりました。
ガソリン代を1円も使わないで北海道から沖縄まで・・・・・・。
なんていう5年後を(半分は)夢見てのリーフ導入だったのですが。
ええ、もちろん急速充電器はかなり充実してきましたよ。
5年前に比べれば遠出の安心感はまるで違います。
しかし、5年の歳月はリーフの電池寿命にも影響を与えないわけがありません。
20151124_121038 memori
走行可能距離を示すメーターの一番右にあるグラフは走行用の電池の寿命を表しているのですが、とうとうひと目盛り消えました。
ちなみにこの目盛りがゼロになるまで電池が使えるかというと、そんなことはありません。
寿命が約7割になったところでクルマとしては実用にならなくなってしまうらしいです。
20151110_214851
”急速”と言いながら約30分かかる充電時間も問題。
いや、これは絶対に問題です。
”それならもっと航続距離が長ければ”というのも誰しもおもうところなのですが、
現状、航続距離が長くなれば電気を使い切った時満充電にするまでの充電時間も長くなります。
航続距離が1000キロくらいになれば。いや、500キロくらいでいいだろ?
とかこの手の議論はつきないみたいです。
まあ、いくらEVと言えども運転してるのは人間です。
運転していれば疲れます。
疲れれば休みます。
で、その時人間様の休憩に合わせて30分かかる”急速”充電を行えば時間的にも
もっとも無駄がないのでは?と思いませんか。

ということで、私的にはEVの理想的な航続距離は実測で300キロ。
を目指していただきたいなあと思うのです。
リーフはこの度のマイナーチェンジで後続280キロを達成したみたいです。
がんばった!
でももう一息。
カタログ値で350キロくらいになると、ほんとの意味でどこにでも行けるクルマになるんですがね。

最近のニッサンのCMですけど、
maxresdefault
”ちょい古”スポーツカー。
(2000年代初頭に流行した湾岸仕様みたいな180SX)には加速では負けません。
かなり思い切ったCMだと思いますが、これ、マジじゃないでしょうか?

ちなみに航続距離の事しか話題にならないかわいそうなわがリーフですが、
実際に運転するとすっごく楽。
ほぼ無音で蹴飛ばされるように継ぎ目なく加速していく走りは5年たった今でも新鮮です。

疲れない→ついつい一気に走り切ってしまう→休憩しない→急速充電に立ち寄らない。
・・・・・・みたいなことも考えられるでしょうが、これはもうリーフの魅力そのもの。
欠点でもなんでもないと思います。
”EVとして”ではなく”クルマ”としてリーフがもっと語られるととても面白いのに。と思います。

最初期型のリーフを買って、まるで人柱だろって?
いや、こちとらクルマ屋ですよ。
ガソリン車を所有していても絶対できない経験が出来て、こうして記事が書けるだけでも
リーフを買って良かったと思います。
せっかくなのでリーフと添い遂げたい。リーフの行く末を見守りたいです。
当社のゆるキャラで派手ににデコレーションしたリーフをしゃぶりつくすことを宣言いたします!
                              icon_staffblog




当社初!”かっこカワイイ”フィアット500Sをお買い上げいただきました。

2015.12.13

”かっこカワイイ”!
20151210_072845
・・・・・としか表現しようがないっ!
新車中古車通じて当社初。
フィアット500Sツインエアをお買い上げいただきました。
お買い上げいただくまでには数々の?ドラマがありました。

お客様は女性。平成4年に一目ぼれしたブルーのマツダキャロル(マニュアル車)を
大切に大切にお乗りになっていました。
これだけの年月を寄り添えば、クルマだっていろいろありますとも。
宇都宮でエンコしたこともあります。
パワーウインドウが開いたまま動かなくなったこともあります。
デスビ、スターター、オルタネーター・・・・・・
長い年月の間には壊れる。と予測がつく部品は、だいたい壊れました。
へこませたままのリヤまわりは部品が生産中止のため、泣く泣く修理をあきらめました。
大切に使ってきたキャロルですが、これで遠出はきついなぁ。
帰ってこれないかもなぁ。
お客様はそう思い始めました。
500が欲しい!
とは別に思いませんでした。
次に買うなら絶対マニュアル車。そして、キャロルみたいにコロッとしてて愛嬌があるクルマ。

そもそもマニュアルの乗用車自体あまり選択肢がありません。
まして、こういっては何ですが、国産でコロッとしていて愛嬌があるクルマにはオートマが多いんですよね。
ハスラーでもミラココアでもキャストでもイマイチ。
国産車には欲しい車がない。

というわけで、ここではじめて500の登場です。
20151210_072949
ボディカラーは、もちろん大好きなブルーメタリック。
そしてトランスミッションは、5速マニュアル。
フィアット500の中でかろうじてマニュアルミッションをラインナップしているのは
スポーティグレードの500S。
”ほんとは標準車の500の顔がいいんだけど。”
と言いつつ現車を前に、お客様は
”かわいいなあ”
”これが来たら、わたし、もう家にいないかも”

うん、うん。
こんなに愛されて、この500Sはしあわせ者です。
20151210_072935 20151210_072857
カワイイ。けど、ただ者じゃない。
かっこカワイイ。としか、ねえ。言いようがないじゃありませんか?
20151210_073107 20151210_073000 20151210_072925
やっぱ、スポーティグレード。
赤いステッチの入ったステアリングが、その気にさせます。
20151210_073054
初代フィアット500へ敬意を表して。
というわけではないでしょうが、なんとツインエア(2気筒)ターボエンジン。
国産にはないエンジンです。
アイドリングではポコポコとバイクみたいな音を奏でます。
そしてエンジンを吹かすと、文字通り”ぶるーーーん!”
としか言いようのない音になります。
まぎれもなく、エンジン音が”カワイイ”です。
20151210_072827
ちょっと動かしてみましたが、
低速に力があってクラッチに気を使わなくて済みそうです。
”あれ、運転しやすそう”
というのが私の感想です。
スポーティとか、そういうのはわかりませんが、こちらのお客様はぜったい気に入ってくれるだろうな。と思いました。
20151213_100354_001
フィアット500Sの納車の日は、ほんとに長い間寄り添ったキャロルとのお別れの日でもあります。
商売柄か、私はめったにクルマに感情移入しないのですが、
なんか今回だけは最後まで笑顔のキャロルをみて
おめでたい納車の日なのにちょっと切なくなってしまいました。

陳腐な言い方で恐縮ですが、キャロルの分までどうそこの500Sをかわいがってあげていただきたいです。
お買い上げありがとうございました。




 

 

取り扱い保険会社
あいおいニッセイ同和損保 東京海上日動 日新火災
有限会社 相馬自動車商工 〒325-0027 栃木県那須塩原市共墾社 104 フリーコール0120-620608
Copyright © 2013 SomaJidoushaShoko. All Rights Reserved.