栃木県那須塩原市の自動車修理整備業、相馬自動車商工のホームページへようこそ!
相馬自動車商工はこれからも栃木県那須塩原の皆さんの豊かなカーライフを応援してまいります。

マツダCX-5をお買い上げいただきました。

2015.08.23

最近相馬自動車商工ではマツダさんが元気!
またしても旬のマツダ車をお買い上げいただきました。
2015-08-07 14.20.58s
マツダCX-5 クリーンディーゼルではなく2.5S-Lパッケージ(4WD)。
ガソリン車の上級グレードです。
こちらのお車はエクストレイルと違って舗装路走行を軸に開発されたアーバンSUVというジャンルに属するのでしょうか。
スタイリッシュ、かつ野性味も感じさせるハイブリッド”有機”デザイン。
最近のマツダ車はほんとにかっこいい。
気に入る。というよりも、”惚れる”。物をほしくなるというよりも人を好きになる。
そんな感覚で好きになってしまう。ちょっとあぶない魅力をもっています。
2015-08-07 14.21.16s
2015-08-07 14.23.12s
2015-08-07 14.23.03s
2015-08-07 14.22.50s
お客様はディーゼルエンジンのX-Dも試乗されたのですが、
アイドリングのときのがらがら音が気になる。
ということで、ガソリン車に決めました。
ボディカラーは例によって悩みどころ。ですが
やはりぱっと見気に入ったパールホワイトをお選びいただきました。
最近のマツダは”ソウルレッド”という漆塗りのような深みのある赤をイメージカラーに推してるみたいですが、
車がどうどうと大きく見えるので白という選択は悪くないと思います。
2015-08-07 14.21.05
どうどうと、といえばこの19インチアルミ。
アルミホイールのスポークまでもありそうでなかった、生き物感あふれるデザインです。
惚れます。
2015-08-07 14.22.09s
室内のホワイトレザーを使ったシートもステキ。
2015-08-07 14.21.45
しっとりと手になじむステアリングは本皮製。
ボタンのクリック感など手に触れるものすべてが上質でハイセンス。
魂動デザインは室内にもしっかり感じられます。
お客様はレクサスRXも検討されたのですが、今回はCX-5に軍配。
マツダの肩を持つわけじゃありませんが
絶対に良いお買い物をされたと思います。

夏の終わりにロングドライブのご予定があるとのことでしたが、楽しんで来られましたでしょうか?
余裕のパワーでハイウエイをクルージング。なんて、うらやましいですね。
今度お会いしたらお車の感想、旅の感想をお聞かせくださいね。
お買い上げありがとうございました。





日産エクストレイルをお買い上げいただきました。

2015.08.23

涼しい日曜日。今日はブログを書きためちゃうよ。
というわけで、久しくご紹介をさぼっていたお買い上げお車をご紹介いたします。
日産エクストレイルをお買い上げいただきました。
2015-08-01 08.06.56
エクストレイルでも、いわゆるクロスカントリー4WDの顔、スタイルをしているのはこのT31型まで。
現行の7人乗りになったエクストレイルはアーバンSUVというか、ちょっと油っけが無くなったというか、
デザイン的には路線変更を感じます。
で、このエクストレイル。例によってご予算をお伺いして中古車の海に飛び込んで見つけてまいりました。
2015-08-01 08.06.14
グレードは20S。アルミもスマートキーもないベーシックグレードです。
ただしこのお車の出生?はレンタカー。
ことしオークションに出品されるまでは某所で”わ”ナンバーをつけていろいろなお客様に貸し出されていました。
”複数の人がとっかえひっかえ乗った中古車なんか、ヤダ”
”レンタカーって、最廉価グレードばっかりじゃん”っていう方もいると思います。
が、ものは考えよう。
レンタカーですよ。お金をいただいて車を貸し出すわけです。
傷をそのままにして次のお客様に貸し出すなんてことはしません。
6ヶ月ごとの法定点検は、もちろん必須です。しかも乗用でも1年車検です。
返却されるたびに室内外をきれいに清掃します。
そんなお手入れの行き届いたお車ですから、”仕事で使う”とか”とにかく程度優先で”
というお客様には、むしろお勧めです。
2015-08-01 08.06.25
2015-08-01 08.07.29
レンタカーだからというわけではありませんが、ナビETCはもちろん完備。
2015-08-01 08.07.38
日産はテラノの時代からオールモード4WDを採用。
オートにしておけば路面状況に応じて車が2WD⇔4WDを自動で切り替えます。
さらにヒルディセントコントロールを装備(右のボタン)
不整地の坂道などをアクセル、ブレーキを使うことなく極低速で安全に下ることができます。

このお客様はお仕事で車をがんがん使います。悪路もがんが走りますので、
グレードうんぬんよりもご予算の範囲内で程度の良いお車を探すことができたんじゃないかと自負しております。

お買い上げありがとうございました。
どうぞこのエクストレイルをびしびしこき使ってよいお仕事をされてくださいね。
そしてメンテナンスはどうぞ相馬自動車商工におまかせください。

同じようなの探してくれ!というお客様大歓迎です。
いっしょに中古車の海に飛び込みましょ(笑)

 

 

 

ダイハツエッセをお買い上げいただきました。

2015.08.23

私的に生産中止が残念なお車のひとつがこのダイハツエッセです。
いや、単純に好きなんですよね。
2015-08-10 16.45.58s
なんともいえないこのつるっとしたバンパーの感じとか。
2015-08-10 16.45.37s
台形の安定感のあるスタイルとか。
2015-08-10 16.45.16
カーブを描いて中央だけせりだしたインパネも、好きです。
ちょっとまえに流行していたセンターメーターですが、
本当にコンソールにちょこんと載せただけ。っていうデザインです。
急カーブではメーターだけ転がってしまいそうですが、それもまた好きです。
2015-08-10 16.45.48s
実はミライースはエッセの後継車だったという話を聞いて(ウィキペディアですがね)
ちょっと残念。
どうして残してくれなかったんでしょう?
現在のダイハツにはマニュアルの乗用軽がほとんどありません。
このシンプルで愛らしくて、そして安いエッセをミライース発売後も併売してくれたら、エッセのマニュアル車を
あのお客様やらこのお客様やらにお勧めできたのに・・・・・・。
と思わずにはいられません。
アイドリングストップもCVTも無くてもいい、受注生産でもいい。
エッセは全グレード90万円以下!なんて思い切ってやってくれれば面白かったのに。

お買い上げのお客様は、平成10年式でちょっと痛みの目立つスバルヴィヴィオビストロからのお乗りかえです。
”かわいいよね”と言っていただきました。
ボディは当社で一番若いメカニックの薄井君が心をこめてポリッシャーをかけました。
3枚目の画像にありますように、走行はまだ10990キロ!

きっと現オーナー様とすごす時間のほうが長くなると思います。
お買い上げありがとうございました。
どうぞエッセをかわいがってあげてくださいね。

自動車整備技能競技大会に出場します!

2015.08.17

 われわれ整備士の技能の祭典、2年に一度の技能オリンピック、
自動車整備士に生まれたからには(?)一度は出てみたい
栃木県自動車整備技能競技大会。
今年はなんと、相馬自動車商工が出場します!
いやほんと、これはマジです。
ブログの更新がしばらく無かったのも、カレンダーの更新が遅れがちだったのも、
すべてはこの技能競技大会出場準備のためです(ウソ)
これを見よ
2015-08-07 19.42.26
って、これはただの告知ポスターですが、実際マジで出場します。
90分の競技時間の中で、12か月定期点検を行い、エンジン不調原因を発見し、修理し、
お客様の問診を行い、部品の単体点検を行い、お客様にお渡しできる状態で
完成させる・・・・・・。
と、競技は盛りだくさんの内容です。
で、問題は相馬自動車商工の誰が選手として出場するか?
皆様の興味がおありだと思いますが(そうでもないですか?)
2013-12-25 14.02.47s
当社が誇る工場長の和泉。
そして、もう一人は
IMG_0542

もう一人は、この男・・・・・・。
なにかの間違いでは?
とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが。
私も間違いであることを祈りますが・・・・・・。
マジかよ?という方は、ぜひ8月30日の日曜日9時30分から
上三川の日産栃木自動車大学校へご来場ください。
一般のお客様どなたさまでもご覧いただけます。
(マジマジマジマジうるさい文章になってしまったことをお詫びいたします)
でもマジです。これ(笑)




 

アルトターボRSをお買い上げいただきました。

2015.07.21

相馬自動車商工にとって初めてお買い上げいただいた新型アルトは、なんとターボRS。
いきなりですが、どーよ?これ。
20150721_141211
フィアットアバルトみたいなパールホワイトにレッドのアクセントストライプ、レッドのスポイラー、レッドのミラーが勇ましい。デザインのやんちゃぶりはコペンよりもS660よりも上。
かつてのアルトワークスをほうふつとさせるベビーギャング風デザインです。
20150721_141203
目ヂカラありすぎのでっかいライト。横にスリットを切ったグリルがターボエンジンを主張。
20150721_141217
わすれちゃいけないワタナベ風エイトスポークホイールは、ターボRS専用品です。
20150721_141227
20150721_14123920150721_141251
これでもか!といわんばかりにターボパワーを誇示。
皮肉でもなんでもなく、さりげなくないところがステキ。
くやしかったらマネしてみろってか?
20150721_141600 20150721_141604
インテリアでも、このクルマが特別な一台であることをしっかり主張します。
このおクルマを選ぶお客様を裏切らない演出です。
20150721_142144
当社のコペンと目ヂカラ対決。どーよ?
20150721_142119
どーよ?
・・・・・・と、見た目ばかりやたらと解説してまいりましたが、
じっさいこのアルトターボRSは驚異の軽量ボディを誇ります。
数値はなんと670kg!コペンの870㎏(CVTモデル)から比べるとじつに200kgも軽量です。
ライトウエイトって、ほんとはアルトターボRSのことですよね。
運転してみると、AGSのちょっと融通のきかない変速感覚が、逆に乗りこなしてやるぜ。
的なチャレンジ魂に火をつけてくれます。
コペンはオープンにして、ドアに片肘をかけて、片手ハンドルで。みたいなのが嫌みなく決まる
(笑)。アルトはどっちかというと、道路と車と格闘しながら運転する姿が似合います。
アルトのパドルシフトをかちゃかちゃ操作してシフトダウンするときの派手なブリッピング(空ぶかし)はちょっと気恥ずかしくもありますが、間違いなくベビーギャングのアルトターボRSに似合ってます。
お買い上げありがとうございました。内緒ですけど、お買い上げのお客様は某英国製ライトウエイトスポーツカーのオーナー様です。かくも、軽いのは魅力的というわけであります。



メルセデスベンツC180コンプレッサーアバンギャルドをお買い上げいただきました。

2015.07.16

相馬自動車商工的には大変珍しい一台です。
メルセデスベンツC180をお買い上げいただきました。
20150710_073820 20150710_073855
このおクルマはお客様からのご指名でお探しいたしました。
お客様は同じC180からのおのりかえです。
ただし前のC180は標準車だったのですが、こんどのC180はコンプレッサー
そうです、スーパーチャージャーつきです。
20150710_073847
ちなみにアバンギャルドとはどんなグレードか?
と聞かれると正直悩みます。
グレードというかパックオプションというかなのですが、ベースグレードに豪華装備を
追加したバージョンです。
そういう感じで見てみると控えめなスポイラー類とかアルミとか室内のハーフレザーシートとか
どうせ買うならこっちでしょ?という感じの装備が見て取れます。
20150710_073756
キズも少なく、室内の状態も良好。
しかもワンオーナーのディーラー車ということで、お客様のご要望にはお応えできたのかな
と思っております。
20150710_074022
そして、ベンツといえばやはりこれ。
説明はいらないよね。
いままでどちらかというとベンツは私の得意分野(?)ではなかったんですが、
ちょっと乗ってみて考えが変わりましたよ。
ボディサイズを感じさせない取り回し性の良さは、国産セダンの上を行ってるかもしれません。
もしも自分がセダンを選ぶならベンツは多いにありかも?
最近そんな風に思い始めました。
(もちろん新車では買えませんが・・・・・・)



マツダアクセラスポーツXDをお買い上げいただきました。

2015.07.16

まじで惚れた!
これ、すっごくいいです。
20150612_110415
マツダアクセラスポーツXDをお買い上げいただきました。
一度は乗ってみたい、そして一度は販売してみたいと常日頃から思っていた
マツダ入魂の2.2リッターディーゼルを搭載したXD(クロスディー)
アクセラにはハイブリッドもガソリンもありますが、2WDでぜんぜんオッケーという方には
私は絶対にこのディーゼルエンジン搭載車を推しておきます。
20150612_110420
マツダでは魂動デザインと呼んでいますが、フロントフェンダーからぬるっと続く有機的なラインとでっかく口を開けたグリルは何のクルマにも似てません。
室内や荷室の広さは決して平均値を超えるものではありませんが、
ユーティリティーにこだわりすぎると、デザインはどんどん平板に、そして各社似たようなものになってきます。(最近の軽とかね)
マツダデザインは、それを嫌ったのかもしれません。
デザインとユーティリティーのせめぎあいの末に落としどころを探るような作業をやめて、
ばっさりと割り切って躍動感や生き物感にこだわった、まさに命宿るデザインではないでしょうか?
よく私はこのコーナーでクルマのデザインを表現するために”クール”とか”愛着のもてる”とかいう言葉を使いますが、はっきり言って最近のマツダの魂動デザインはそのどちらでもありません。
デザイン優先。とかユーティリティー優先とか、走り優先とか、そういうことじゃなくて、
エンジンも足回りも外観デザインもユーティリティーも、そういうものをぜんぶひっくるめて
マツダはアクセラという”生き物”を生み出したような、そんな気がします。
20150612_110407
ちなみにオーナー様はデザインにこだわりのある女性です。
ディーゼルの走りについても、”ちょっと踏むとどんどんスピードがでる”
という表現で、もう十分。
このクリーンディーゼルのトルクあふれる走りを表現していただいております。
お買い上げありがとうございました。
マツダの気合いを感じるこの一台。
ロードスターばかりがマツダじゃないぜ!



ダイハツシーズンインキャンペーンのお知らせ。

2015.07.03

うっとうしいお天気が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
来るべきサマーシーズンに期待を込めつつ、愛車のコンディションを整えましょう。
というわけで、恒例の?ダイハツシーズンインキャンペーンのお知らせです。
20150702185551956_000101
日時は7月11日土曜日と12日日曜日の2日間。
前回のイベントではご用意できなかったご来場記念品も
今度はしっかりご用意いたしました。
なんと、ご来場のお客様に花火をプレゼント。
夏の夜空にぼかーんと打ち上げちゃってくださいませ。
あ、もちろんメインは愛車のシーズンインチェック。
しかも、今回もエンジンオイル交換を1080円税込でご提供。
相馬自動車商工のオリジナル企画であります。この機会にどうぞオイル交換のご用命を
お待ちしております。
そして、もう一つの主役は魅力いっぱいのダイハツ軽カー。
タント、タントカスタム、ミライース、ムーヴ、ハイゼットトラックの試乗車をご用意。
もし雨が降らなければ、フルオープンでコペンのご試乗もオッケー!
見るだけですけど、ウェイクもありますよ。
中古車のご相談、ご商談,ナビ、バッテリー、タイヤ、保険、
その他おクルマに関するありとあらゆるご相談を承ります。
展示予定車の一部です↓
20150503_152457
20150421_180112
20150303_122554
ご近所お誘いあわせのうえ、どうぞご来店ください。
11日、12日とも朝8時から夕方5時までの営業となります。





試乗車変更のお知らせ。

2015.07.02

おまちかね。久しぶりの試乗車変更のお知らせです。
発売以来爆発のターボパワーで当社を引っ張ってくれたムーヴカスタムRSハイパーSA
(長い!)
に代わりまして、ムーヴXSAがやってまいりました。

ボディカラーはダイハツの人気色コットンアイボリー。
黄色ともベージュとも違うやさしいレモンイエローです。
20150625_174846
RSみたいなターボエンジンではありませんが、燃費はおどろきの31キロ。
しかもパワーのみなもとパワーボタンDアシストを
ステアリングにしっかり装備。
押すと速くなる。こんなボタンが僕にもあったら・・・・・・。
って、思いませんか?(思わないか)

ちなみに、今回はもう一台。
素敵な試乗車がやってまいりました。
相馬自動車商工でもめったにない太っ腹企画であります。
20150625_174714
20150625_174702
タントカスタムXトップエディションSA
そういえば、タントの試乗車は何台も導入してきましたが
タントカスタムは初のお目見えです。
タントが軽自動車販売台数で一位を獲得した記念に登場したグレードです。
ボディカラーはこれまた人気のナイトシャドーパープルクリスタルメタリック。
スタイリッシュなタントカスタムに不敵さをトッピングするこのボディカラー。
実は一度は展示場に飾ってみたかったのですよ(笑)。
”カスタムないの~?”
とはもう言わせません。

どーです?
この2台は、相馬自動車商工でご試乗いただけます。
ちなみに、代車でもお貸ししちゃいますので、おクルマご入庫の際はどうぞお気軽にお申しつけくださいませ。

なんで”SAⅡ”じゃないの?
とは言いっこなし!(ごめんなさい)


 

 

スズキスイフトスポーツをお買い上げいただきました。

2015.06.30

わたし、発売当時このおクルマがたいへん欲しかったのですよ。
20150620_174631
画像がかなりアレなところはご勘弁ください。
スズキスイフトスポーツをお買い上げいただきました。
中古車の海(ネットで中古車検索することを個人的にこう呼んでおります)
からお客様のご希望に合うお車を探し当ててまいりました。
なんと、ニッサンの某高級車からのおのりかえです。
”マニュアルミッションで遊びたかった”
すっごくストレート、かつ、今どきの若者(オーナー様は20代前半です)
とは思えない涙が出そうなうれしいご購入の動機ではありませんか。
どーでもいいお話ではありますが、
かつで私もこのスイスポ(スイフトスポーツ)と同じようなクルマを所有していたことが
あります。それがこれ。
20351511_200404g
かっこよくて、かわいくて、おもしろくて・・・・・・
フォルクスワーゲンルポGTI
1.6リッターのFFというところはスイスポとおんなじ。
マニュアルミッションを駆使して走るのはすごく面白かったですよ。
スイスポにのるとほんとにこのルポを思い出します。
ミッションがちょっとクロス気味で、気を抜いて発進するとエンストしそうになるところも
似ています。
20150620_174649
流れるような。というよりは、かたまり感のあるデザイン。
ヨーロッパのにおいがしますね。
オーナーさまはこれからマフラーを変えたりして楽しみたいとのこと。
いいですね。いいですね。
かつて若者はこういう人ばっかりだったんだけどな・・・・・・。
オーナーさまは年間2万キロほどもクルマをはしらせる”走り屋”。
納車の時は久しぶりのマニュアルにちょっと戸惑い気味でしたけど、
いまではすっかりなれて、コンパクトできびきび走るこのスイスポを
手足のように操っているのでしょうか?
お買い上げありがとうございました。
”若者とクルマの話をする”
かつて当たり前だったひとときを
久しぶりに堪能させていただきましたよ。
ぜひいつでも遊びに来てくださいね。

取り扱い保険会社
あいおいニッセイ同和損保 東京海上日動 日新火災
有限会社 相馬自動車商工 〒325-0027 栃木県那須塩原市共墾社 104 フリーコール0120-620608
Copyright © 2013 SomaJidoushaShoko. All Rights Reserved.