栃木県那須塩原市の自動車修理整備業、相馬自動車商工のホームページへようこそ!
相馬自動車商工はこれからも栃木県那須塩原の皆さんの豊かなカーライフを応援してまいります。

スズキKeiターボチャージャー交換。

2016.02.05

修理ネタは久しぶり。
わたし、これぞというネタを求めて工場を右往左往してるんですがね。
で、久しぶりにいいもの見つけちゃいました。
20160114_163245
バンパーを外されたスズキkeiターボを発見。
バンパーを外すとスズキkeiは”怒れるロボット”顔なんですね。
とかそんなことはどうでもいいとして、問題はこれ。
20160114_163155
ターボチャージャー。
軽自動車のターボは、とってもカワイイ。
こんな風車みたいなのが吸気と排気の間でくるくる回ってるなんて、なんか愛しくなりませんか。
・・・・・・って、なんかおかしい?いや、マジでおかしいんですよ、これ。
20160114_163209
ここのところを指で回すと、くるくるというよりも、がたがたと回ります。
まあ、交換しているんですからおかしいに決まってるんですが、
ターボの羽が、ものすごく痩せちゃってるのがお分かりでしょうか?
ちなみに正常な状態のターボはこんな感じです。
20160114_163127
いうなれば、オイル管理を怠ったためにターボチャージャーの軸が半焼き付き状態になり
ターボの軸は偏心して回転し、ハウジングに接触し、結果ターボの羽が削れて痩せちゃった。
というあんばいです。
こうなると、まともに過給しませんから当然のごとくパワーダウンをまねきますし、偏心したターボの軸とオイルシールのすきまからオイルを吸い込みますので空ぶかしするたびにものすごい
白煙を吹きます。
”2ストか?”なんて喜んでいる場合ではありません。
ていうか、私的にもまったく喜んでいられません。
20160114_163401
実はこのおクルマ再販しようと思って下取りさせていただいたのですが、
ご覧のとおりあまりにあんまりな状態のために再販を断念(:_;)
中古ターボに付け替えて代車としての人生を歩んでいただくこととなりました。
私は悲しかったですが、ターボ交換によって生き返ったこのkeiと、そしてなによりも
自動車整備の現場から失われつつある”メカいじり”の醍醐味を実感しつつ
修理してくれた当社渡辺メカは、たいへんたいへん嬉しそうでした。
ということで(?)
若者よ、メカいじりはいいよ。自動車整備はおもしろいよ!
現場からは以上です(笑)

 

取り扱い保険会社
あいおいニッセイ同和損保 東京海上日動 日新火災
有限会社 相馬自動車商工 〒325-0027 栃木県那須塩原市共墾社 104 フリーコール0120-620608
Copyright © 2013 SomaJidoushaShoko. All Rights Reserved.