栃木県那須塩原市の自動車修理整備業、相馬自動車商工のホームページへようこそ!
相馬自動車商工はこれからも栃木県那須塩原の皆さんの豊かなカーライフを応援してまいります。

ミツビシキャンタークラッチ交換

2015.05.02

タイトル的にはただのクラッチ交換なのですが、
なぜこんなことになったのか、逆に教えていただきたい。
というような修理事例です。
まず、ばらばらになったクラッチ板。
20150327_080428
ていうか、クラッチ板、無いよ。
クラッチ板のまん中にある丸いもの(ダンパースプリングとか)があるだけ。
20150327_080635 20150327_080515
元クラッチのフェーシングだったらしき毛羽立った物体があちこちに張り付いております。
これだけでも十分不気味な光景ではありますが、極めつけはこれ。
20150327_080327 20150327_080303
見えますか?ていうか、アルミのハウジングに穴が開いてるんですけど・・・・・・。
なぜこうなってしまったのか?
結局わかりませんでした。
憶測ですが、高速で回転するクラッチ板がばらばらになった挙句に
レリーズベアリングがハウジングを突き破ったとか?
20150406_073155 20150406_073131
ハウジング、レリーズベアリング、レリーズシリンダー、フライホイール、クラッチ板その他を
交換いたしました。
それにしても、エンジンが足を出す
(コンロッドがシリンダーブロックを突き破ってばらばらに壊れること)
とは聞いたことがありますが、
この場合何が出たのでしょうか?
一つ言えることは、クラッチは滑り始めるとたちまち走行不能におちいります。
”もうちょっと走っとこう”は、もっとも危険です。
キャンターのような中型の貨物車ともなりますと当社のキャリアカーでは積載も不可能です。
ばらばらになるまでクラッチを壊すと、このような2次災害(?)を引き起こしかねません。
くれぐれも無理は禁物です。
わたしたちも勉強になりました。

取り扱い保険会社
あいおいニッセイ同和損保 東京海上日動 日新火災
有限会社 相馬自動車商工 〒325-0027 栃木県那須塩原市共墾社 104 フリーコール0120-620608
Copyright © 2013 SomaJidoushaShoko. All Rights Reserved.