程度良好お買い得!ワゴンRが入荷しました。


われながら良いおクルマだなと思います。
相馬自動車商工の新入荷中古車ワゴンR FXです。
まずは画像を見てください。

当社ユーザー様からの直接買取車です。
かつて当社で新車でお買い上げいただいたおクルマがこうして戻ってまいりました。
なので、きちんと点検整備させていただいて2番目の幸運なユーザー様に販売させていただきます。
現行型からすると2世代前のワゴンRになるのですが、
このころのワゴンRは原付バイクみたいにふらっと乗れる気軽さと、人も荷物も運べるユーティリティーが
魅力でした。
FXというこのグレードは、言ってみれば定番グレードみたいなもので
気軽さとユーティリティーを求めるワゴンRファン(?)に人気があったグレードです。

室内も新車同様というわけにはいきませんが
使用感も少なく、たばこ臭もありません。
(前オーナー様は非喫煙者)
少なめの走行距離と、フランス車みたいなブルーメタリックのボディカラー。

バリ山のタイヤとキレイなエンジンルーム。
どーです?
買わない理由がないでしょ?

408,000円でこのワゴンRがお客様のものに!
ただし、限定一名様、早い者勝ちですよ。
たくさんのお問い合わせをお待ちしております。


平成23年式スズキワゴンR_FX_2WD
走行43,000キロ
純正CDラジオ、運転席助手席エアバッグ、ABS、リモコンキー
ワンオーナー、ユーザー買取車
車検二年付消費税込み乗り出し価格_408,000円

本日9月10日の営業時間につきまして。

いつも相馬自動車商工をご利用いただきありがとうございます。
誠に勝手ながら本日9月10日は午後5時までの営業とさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

最近お買い上げいただいたおクルマをまとめてご紹介


クルマが増えすぎてどーしようもなくなってきたので、納車前のお客様のおクルマを展示場に避難させたときの写真です↑
コロナの影響で一時期生産が止まっていた時期を経て、ここにきてロッキーが一気にご納車となりました。
シルバーとブラックの2トーンのグレードは”プレミアム”レッドとブラックの2トーンは”G”です。
どちらかというとグレードの違いは内装に表れておりまして、
シートにレッドのパイピングが入っている方がG、ハーフレザータイプのシートがプレミアムとなります。
(写真を撮り忘れましたが)
クルマって、実際手に入れて乗りはじめるといちばん目につくのは内装。
上級グレードはたしかに上級なのですが(笑)軽やかに赤いパイピングの入ったGのシートも魅力的です。

ちなみに、兄弟車であるトヨタライズにはプレミアムに相当するグレードが無いと言われていますが、
そもそも価格の付け方も微妙に違うし、ライズのGとロッキーのGは同じかと言われると、それも違う。
要するに、ライズとロッキーは、やっぱり別のおクルマだと思っていただくのがいいんじゃないでしょうか。
トヨタとダイハツ、もとは同じ会社(というかダイハツはトヨタの一ブランド)なだけにまったく同じ車を
別の名前で発売すると、確実にトヨタにかないません(笑)。
このロッキーとライズに関してはそれぞれトヨタ顔、ダイハツ顔と別のクルマらしく別の顔で発売してくれて
良かったなとわたしは思っております。
”ロッキーの顔が好き”というお客様に気に入ってもらえてこの2台はしあわせです。
そして、相馬自動車商工もしあわせです。
お買い上げありがとうございました。

ロッキーのキャラクターである”ソニポン”のプレゼントもロッキーならでは(笑)


タントをお買い上げいただきました。
主にご主人が運転されるとのことでしたが、おクルマ選びの主導権はどちらかというと
奥様だったみたいで、ボディカラーやらグレードやら、奥様中心にお選びいただきました。
実はタントをお選びいただいたのにはわけがありまして、
たまたま当社代車のNボックス(中古、24万キロ走行)でお客様宅にお邪魔したところ、
”これ、いいね”という話になり、
”さすがにこのクルマはお売りできませんよ”
”ダイハツにタントというクルマがあるのですが、いかがですか”
というところからとんとん拍子にお選びいただいたのがこの一台です。
”駐車場で目立つから”という理由でこのさわやかな
アイスグリーンというカラーに決めていただきました。
イイですよね。運転しなくても自分で選ぶと自分のクルマっていう感じがするでしょ。
また、ご自分のこだわりをごり押しせずに”夫婦の一台”に賛同してくれたご主人もステキじゃないですか。
お買い上げありがとうございました。
アフターフォローはどうぞおまかせくださいませ。


ムーヴキャンバスです。
ダイハツの、そして相馬自動車商工の屋台骨を支える一台。
おかげさまで売れております。
このキャンバスの強みはあるいみ”ニッチ”であることじゃないでしょうか。
ワゴンRとムーヴの時代から、ダイハツはスズキのクルマの後出しじゃんけんと言われ続けたものですよ。
(そんなことないか)
タフトですら”スズキで言うハスラーみたいな車”と説明すると通りがいいのは事実です。
でも、このキャンバスには”スズキで言う○○”がない。
スズキで言うジムニー、ホンダで言うエヌワン、そしてダイハツで言うムーヴキャンバスこそが
何というか、メーカーの個性そのものずばりなクルマのような気がします。
ムーヴキャンバス、おもいっきり女性に向けた一台だとは思いますが、そこもダイハツらしさかと
私は思います。
お買い上げありがとうございました。
次期ムーヴキャンバスは、ぜひ”ムーヴ”の名前を外して”ダイハツキャンバス”これでいいんじゃないでしょうか。

 

最近お買い上げいただいたおクルマをまとめてご紹介。

コロナ自粛の影響もあり5月はまったくクルマが売れませんでした(泣)また、ダイハツやら各メーカーの生産もストップし、マジで大丈夫かなという感じでした。
でも6月以降メーカー工場も再稼働し、少しづつではありますがお客様におクルマをお届けできるようになりました。今回はそんな大変な時期に相馬自動車商工で大切な一台を選んで下さったお客様のおクルマをご紹介します。


相馬自動車商工にとって何台めのムーヴキャンバスでしょう。
ファイアークオーツレッドというダイハツの定番色とスムースグレーというキャンバスの専用色の組み合わせ。
一昔前の言葉で言う地味派手という感じでレトロでポップで、しかもなぜか落ち着きを感じさせる
バランス最高なツートンカラーです。
このグレーの部分のボディカラーをいろんなクルマに流用してバリエーションを増やしたら面白いのに。
とか、カラーオーダーシステムを取り入れてあなただけの一台を。なんてやってみてもいいんじゃないかと思います。
お客様はスズキのパレットからのお乗り替え。というか増車。
普段使いのパレット、お出かけ用のキャンバス。という風に使い分けるんだそうです。
お買い上げありがとうございました。
精いっぱいのアフターフォローをお約束いたします!

続いてはこちら。
新型フィット、フィットクロスターをお買いあげいただきました。


外車だ!
ていうのが実物を見た当社メカニックの第一印象。
なんかフィットにしては大きくありませんか。それもそのはずこのクロスターはフェンダーエクステンションのせいなのかなんと3ナンバーサイズのボディとなります。

最近のクルマの傾向ですが、視界確保のためにAピラーを細くして三角窓を付け、もう一本Aピラーを追加して
剛性を確保。
こうすると思いっきりフロントウインドウを寝かせたスポーティーなデザインも実現できます。
この辺は代々伝わるフィットのらしさだなぁと思います。

e-HEVと名付けられたホンダの新世代ハイブリッド。
より電気寄りに。好燃費にをめざしつつスポーティーさも忘れないところがホンダらしい。

お客様はあの、売れに売れた2型のインサイトからのお乗り換え。
進化したホンダのハイブリッドをご堪能いただいていると思います。
お買い上げありがとうございました。
ハイブリッドのアフターフォローもおまかせください!

ダイハツ今が買いどき!夏得フェアのお知らせ。

お盆です。
今年の夏の最後をビッグに飾るダイハツイベントのご案内です。
その名も”今が買いどき”夏得フェア”

どーよ?
イベント期間中にダイハツ新車ご成約のお客様にはお盆だまがわりの純正用品3万円プレゼント!
3万円あれば定番のフロアマットやドアバイザー、ETCなどが買えますよ。
どうせ買うならこのフェア期間中にダイハツ新車をキメちゃって、得しちゃいましょう。

ところでダイハツの新型軽クロスオーバー”タフト”はご覧いただけましたか。
大きなスカイフィールトップを全グレード標準装備。
この夏こんなの付いてたら、暑いんじゃ・・・・・・。
というお客様、この際だからどのくらい暑いか、暑くないか試乗しちゃいましょう。
個人の感想ですが、意外と平気。
むしろ雨の日でもココロの開放感120パーセントで、気分があがりますよ。
相馬自動車商工では
ロッキー、タフト、コペン、そして福祉車両のタントウエルカムシートとハイゼットスローパーの
試乗車をご用意してお客様のご試乗ご体感をお待ちしております。
(試乗車は適宜入れ替わりますのでご了承ください)
夏得フェアは8月22日(土)から30日(日)までのぶっ通しロングラン開催。
フェア期間中の日曜日にはサポカー体感もできちゃいます。
ご都合の良い日時に、密を避けてご来店くださいませ。
店内冷房しながら窓を開けて換気しながら営業させていただいております。
安心してご来店ください。


ダイハツ”今が買いどき!夏得フェア”
8月22日(土)〜8月30日(日)9日間連続開催。
8月23日と30日はサポカー体感会も併催いたします。

夏のタフトウイーク、いよいよ千秋楽です。

梅雨開け!
というわけで、相馬自動車商工も開放感いっぱいに、密を避けて
夏のタフトウイーク最終日をむかえております。

本日、日曜日につき恒例のサポカー体感会も開催。
スマアシⅢを進化させた次世代スマートアシスト搭載のタフト。
走りと安全性能を存分にご体感くださいませ。

本日は晴天につき
展示車のバックドア(コペンは屋根)を開けて、さわやかに開放展示とさせていただいております。

ご来場ご試乗記念のさわやかなノベルティもスタンバイ。
ぜひさわやかにご試乗ご商談をお待ちしております!

ダイハツ夏のタフトウイークのご案内

ダイハツ夏のワンウイークイベントが決定しました。
その名も”夏のタフトウイーク”
7月25日から8月2日までの9日間にわたるロングラン展示会であります。

イベントの目玉はもちろんダイハツのニューカマー、タフトであります。
もうご覧になりました?
ただのダイハツ版ハスラーじゃないですよ。
タフで、アウトドアを感じさせるたたずまいと
DNGA第3弾、新型プラットフォームになった走りの良さが自慢です。
能書きはいいからぜひご試乗いただきたい。
そして、目からウロコを100枚くらい落としていただきたいです。

当社ではタフトの最高グレードGターボをご用意。
開放感を演出するスカイフィールトップとターボエンジンのトルクフルな走りをご堪能ください。
タフトウイークご来場のお客様にはタフトティッシュボックスをプレゼント。
さらにご試乗いただいたお客様に抽選で
タフトの新キャラ、幸せの青いタフトンぬいぐるみかタフトステッカーをプレゼントいたします。
タフトウイーク中の赤い日(7月26日と8月2日)はサポカー体感会も開催。
タフト、ロッキー、タント、コペンと充実の試乗車がお客様をお出迎えいたします。
相馬自動車商工ならでは、ハイゼットスローパーによる福祉車両体感もできますよ。
ひやかし大歓迎。
ロングラン展示会タフトウイークのどこかでお客様にお会いできるのを楽しみにしてますよ。


ダイハツ夏のタフトウイーク
7月25日より8月2日まで9日間連続での開催です。
7月26日と8月2日にはサポカー体感会も開催いたします。

ダイハツタフトリモートコンテンツのお知らせ。

どこもかしこもリモート流行りの今日このごろ。
ダイハツでもタフトの生配信をやりますので告知させていただきます。

TAFT TV! すごいですね。
新様式応援プログラム。サマーオブ2020に何かを始めたい
みなさまをがっつり応援するスペシャルコンテンツです。
TVとはいえ、地デジでもBSでもありませんよ。
ユーチューブでの生配信となりますので、お見逃しなく。
7月23日と24日それぞれお昼の12時からのスタートとなります。
めずらしくタレントさんが登場しないタフトのCMですが、裏でこんな動きがあったとは。
当日相馬自動車商工は定休日となりますので、わたしもステイホームでスペシャルコンテンツを堪能します。
よろしければ、ぜひ!

本日、ダイハツシーズンインキャンペーン開催中。

いきなりですけど、ダイハツシーズンインキャンペーン、突然事前予告なしに開催中です(笑)

来たるべきコロナ明けに備えて、おクルマ物色中なお客様、はたまた車検が近づいたり、今のおクルマが不調だったりで、買い替え待ったなしのお客様。

そんなお客様に寄り添うイベントであります。

やることは、いつものサポカー体感会プラス展示試乗なのですが、本日若手サービスマンが常駐しております。

おクルマの簡単なメンテナンスやら整備相談にご対応させていただきます。。

どぞお気軽に、そしてディープに(笑)ご来店くださいませ。

人気のミニバン、ノアが入荷しました。

相馬自動車商工の中古車は基本的にユーザー様からの下取り買取車両が中心です。
こちらのノアもいわゆるユーザー買取車。

いかがでしょうか。大きな傷へこみも見受けられず、外観は年式相応以上のものだと思います。

室内の状態も決して悪くなかったのですが、いわゆる仕上げのつもりで
クリーニングをかけました。室内はピカピカです。

ベーシックグレードのノアS。パワースライドドアは未装備ですが
大人数でのご移動、お仕事などには不自由ない使い勝手をご提供いたします。

純正ナビ、ビルトインETC装備

走行距離は約104000キロ。年式相応だと思います。
新車のミニバンは乗り出し250〜300万円台が中心。
中古でも100万円前後が程度と価格のバランスのとれた価格帯かと思います。(トヨタはもっと高いかも)
今回大変お求めやすい価格でご提供できるのも当社の在庫車ゆえのこと。
相場が跳ね上がりやすいオークション仕入れではこの価格は難しかったです。
ご家族の歴史の中で、お子様の成長過程の一時期、ミニバンは必需品なんていうご家庭があるかもしれません。
そんなご家庭にこのノアはきっとお役に立てると思いますよ。


平成22年式トヨタノアS・2WD・オートマ・グレーメタリック・8人乗り
車検令和3年4月まで・走行104000キロ
トヨタ純正ナビ・バックカメラ・ビルトインETC・純正アルミ
登録諸費用、納車整備、7月名義変更の自動車税を含んだ消費税込み乗り出し価格は522,860円となります。
お買い上げのお客様には中古ですがスタッドレスホイールセットを差し上げます。